FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[ITALIA] Perugia
ずいぶんと間が空いてしまいました。実は国内旅行にいってました。(テヘ)
というわけでPerugia(ペルージャ)です。

Perugia(ペルージャ)はここ。

大きな地図で見る

Perugia(ペルージャ)は私の恩師が六年間くらした町です。またナカタがこの町のチームに所属していたため、聞き慣れた名前ではないでしょうか。
ちなみに、Orvieto(オルヴィエート)、Assisi(アッシジ)ではあまり見かけなかった、黒人、アジア人がこの町ではぐっと増えます。
Perugia(ペルージャ)には外国人大学があるので、そのためではないかと思います。
正直言うと、黒人の知り合いがいないので反射的に警戒してしまうんですよね。申し訳ないことに。でも、自分から話しかけた場合に限りますが(イタリアでは、馴れ馴れしく話しかけてきた人は警戒しましょうw)、つんけんしているイタリア人より、黒人のほうが親身になってくれた印象。
特にバスの中の黒人のおねーさんは色々教えてくれてたすかった。


【Perugia(ペルージャ)への行き方:Assisi(アッシジ)】
イタリア国鉄ホームページ
※時刻表などの見方は、Orvieto(オルヴィエート)紹介記事をご覧ください。
所要時間約20分
2等車2,05ユーロ
Assisi→Bastia→Perugia Ponte S.Giovanni→Perugia



DSCF1427.jpg

Perugia(ペルージャ)は丘の町だ。
Orvieto(オルヴィエート)もAssisi(アッシジ)もそうだったけど、このふたつの町は丘の上に築かれていたけど、町の中自体はそんなに勾配が激しくなかった。(まぁAssisi(アッシジ)は激しいところは激しかったけれども)
だが、Perugia(ペルージャ)はキツい!!!

▲こんなんばっかり。


いやー、Perugia(ペルージャ)のいいところをたくさん書きたいのですが、諸事情により、あまりいい印象がありません。
まず、私がイタリアに渡航していた時期のイタリアの気温は、実はイタリアの8月の時期の気温だったんですね。ピーカン。そしてクソ暑い。
DSCF1413.jpg

それから、Perugia(ペルージャ)滞在したのが、日曜日だったということ。
ダメ押しが、殿方には申し訳ない話題で恐縮ですが、生理になってしまい、そして同行者は靴擦れを発症…。
まぁ、生理に関しては日程的にPerugia(ペルージャ)は危険だろうなぁと思っていたので、想定どおりなんでいいんですけど…。
でも日曜日なんですよ。
どこもお店開いてません。
これね、Roma(ローマ)、Firenze(フィレンツェ)、Milano(ミラノ)じゃ判らないかもしれないんですけど、ほんっっっっっっっっっっっっっつとにどこのお店も開いてないからね!?
しかもスーパーなんて便利なものは、あれば御の字、開いてれば奇跡ってなわけで。
そんなわけで、私のPerugia(ペルージャ)の午前といえば、灼熱の太陽光線の下、開いている薬局を捜し求め、同行者が新しい靴を買うのに付き合うという事態に陥りまして。
しかもね。日曜日の日中、人いないから。街中に。笑
中央はともかくとして、ひとつでも路地はいるとしーーーーんとしてるから!
こうなると、日中なのに人と擦れ違うのが怖いという困った事態に陥ります。ある意味で貴重な体験!
そんなわけで、無事薬局を見つけた後は疲れ果ててしまい、14時~17時はホテルでバタンQしてました。
それで悟ったわけですよ。何故シエスタがあるかって。
Assisi(アッシジ)でも日中にホテルに帰って休んでたんですけどね。慣れない土地で歩き疲れてるっていうのも勿論ありますけど。

ムリ。あの暑さの中じゃ活動できない。

ムリムリ、ほんと、死んじゃう。
シエスタはサボッてんじゃなく、自衛手段だよ。体力回復を図ってるに過ぎないし、熱射病、日射病にならないようにしているだけ。もう、その国の文化とか習慣は、体験しないと理解が出来ないと思い知りました。
だからヘタリアでイタリアが昼寝ばっかりしているのは、作者の偏見か、もしくはわざとだと思います。笑

そんなわけで、17時にまたホテルから出ましたら、びっくり!
今度は町中が人で溢れている!!!
日が落ちて(とはいえ、夏季のイタリアは10時くらいまで明るかったです;)涼しくなってからが本番だったか!
あの人気のない町はなんだったのかというくらいの騒ぎです。
なんとお店まで開きます。
それも17時から20時までという、やる気があるのかないのか判らない営業時間です。



なんなんだイタリア!!!



という感覚を存分に味わえたと今思うと、かなり面白いんですけど、当日の私は「Perugia(ペルージャ)死ね! 滅びろ! バルス!!!」な気持ちでいっぱいでした。笑
(しかもねー、なんか町全体がトイレくさいんだよねぇ;)

DSCF1447.jpg


【Perugia(ペルージャ)の見所】
というわけで、Perugia(ペルージャ)の見所をお教えしたいのですが、日曜日。というわけで、目玉観光地に行くことが出来ず……。
とほほー。まぁ、印象に残ったところを。

Tempio di San Michele Arcangelo(サンミケーレ・アルカンジェロ教会)
DSCF1429.jpg
町の端にある小さな教会。教会前は小さな広場になっている。そこの芝生が青々としていて気持ちがいい場所。
どうも5世紀に建てられたペルージャでも最も古い教会なのだ、とか。
間違ってたらすみません。ちょっと日本語の資料を見つけられず…。
教会の中は、教会中央に光が差し込むものの周囲はほの暗い、幻想的な雰囲気です。空気も凛としていてオススメです。
…ただ蜂が。ハチがぶんぶんぶん飛んでまして……。


▼Via Dell'Acquedotto(アクエドット通り)
ローマ時代の水道橋だった通りです。すごく狭い通りなんですけど、傍らにひょいと家の玄関があって、これは防犯的に大丈夫なのかと心配になりました。
DSCF1441.jpg

DSCF1442.jpg

DSCF1445.jpg

▼Pozzo Etrusco(エトルリアの井戸)
11月4日広場の近くにあります。Tempio di San Michele Arcangeloの近くのナントカ門(名前忘れた;)に昇ったら、うっかり入場料を求められ、これが共通券でココにも入れるというのでついでに入ったかんじではありますが。
まっくらーな中にふかーい井戸がみれます。まぁなかなか楽しめました。笑
楽しめましたけど、別にオススメはしない。笑


【Perugia(ペルージャ)の食事処】
▼Pizzeria Mediterranea(ピッツェリア・メディテッラネア)
住所:Piazza Piccinino 11/12
営業時間:12:30~、19:30~
ピザ屋
DSCF1455.jpg

DSCF1454.jpg
中田の英寿Summerも通ったというお店。店員さんのおねーさん二人が美人でよかった。
Pizzaの味もいいと思います。
でも、アジア人と欧米人のテーブルが完全に分かれている気がしたのは気のせいだろうかw

▼Sandri(サンドリ)
住所:Corso Vannucci, 32
DSCF1459.jpg

DSCF1457.jpg

DSCF1458.jpg

DSCF1460.jpg
店先になんやらよーわからんけれども、かわいいお菓子が並ぶお店。
中央の11月4日広場に続くCorso Vannucciにあります。すぐ判ると思います。
ここで初めて本場の生ハムメロンを食した。
うーーーまーーーーいーーーーー。
私、日本の生ハムメロンが苦手でして。美味しいと感じたことがないんですが。(というかメロンが苦手なのです)
でも、イタリアの生ハムメロンうまいよ!
つーか、メロンがうまいよ!
さすが素材の国。
さすが素材の国。
最初はここでジェラードだけ食べるつもりが、腰を落ち着かせたら立てなくなって、ついでにご飯も頂きました。
満足。


【番外編】
DSCF1462.jpg
イタリアの恋愛シミュレーションゲーム(多分)。タイトルは『アタシの彼氏』。
しかし、こんなジャケットのくせして、ゲーム画面が衝撃的だった。
シムピープルかよ!!!←ゲーム画面みれます。


【教訓】
初めてきた町に日曜日だけ滞在するのは避けるべし。


Perugia(ペルージャ)は機会があればリベンジを果たしたいです。
ただ、イタリアだけでも、ボローニャ、シエナ、ルッカ、トリノ、ジェノヴァ、チンクエテッレ、バーリ、アルベロベッロ、レッチェ、シチリアと行きたい場所が目白押し。
スペインやフランス、ドイツ、イギリスにも行ってみたいので、かなり先の話になりそうです!!!

スポンサーサイト