FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[ITALIA] Orvieto(オルヴィエート)
さて。そんなわけでイタリア旅行です。
本日はOrvieto(オルヴィエート)について紹介しようかと思います。

位置関係は、こんなかんじ。

大きな地図で見る

Romaから電車で1時間20分ほどでしょうか。料金は2等車7.10ユーロ。
(Roma Termini→Roma Tiburtina→Orte→Attigliano→Alviano→Orvieto)
その電車の想像は、東京の地下鉄、及びJR線の駅間を3分前後で行く電車における1時間ではなく、駅間が15分くらいかかる電車を想定してください。
イタリアは電車の時間がアバウト。という認識があるかもしれませんが、近年はまず遅れません。
時間通りです。ばっちり。
中間の駅になると、だんだん遅れはじめることもありますが、それも1-2分です。
また車掌さんもがっつり回ってきて切符をチェックします。
打刻しておかないとえらいことになりますので、電車に乗る前にはホームの黄色い機械に駆け寄って、切符を突っ込んで打刻しましょう。

時刻表はイタリアの国鉄のページで確認できます。
TOPページの左側にあるのが時刻表検索なので、
「Da dove vuoi partire?」に出発駅。
「Dove vuoi arrivare?」に到着駅。
「Quando vuoi partire?」にいつ出発したいか、月日と時間を入力し、
「Invia」を押してください。
ちなみに「Andata」は片道、「Andata/Ritorno」は往復です。(往復券は若干安くなります)
イタリア国鉄ページに登録しておくと、ユーロスターやインターシティーで予約でき、割引されますので、イタリア旅行の計画がある方は是非登録しておきましょう。
ただ、今回の私の旅ではユーロスターやインターシティーに乗るような遠出ではないので、R(Regionale)と表示される各駅停車みたいな電車に乗って移動しました。


まず私が今回まわったのはウンブリア州といって、イタリアで唯一海に接していない州です。
特徴は丘陵地帯であること。多くの街が山の頂に築かれています。
そしてローマ時代以前にイタリアで暮らしていた、エトルリア人の遺跡が多く残されていることも特徴です。


【Orvieto(オルヴィエート)】
国鉄Orvieto(オルヴィエート)駅を出ると(日本みたいに出口が山ほどあるわけではないのでご安心を)、目の前にちっちゃな駅があります。
Funicolare(フニコラーレ)と書いてあるはず。これはケーブルカーのことで、山の上に築かれているオルヴィエート旧市街地へは、このFunicolare(フニコラーレ)を利用します。
料金は0.9ユーロ。国鉄の半券を持っていると0.7ユーロになります。

見所は壮麗なドゥオーモ。(そもそもドゥオーモとは英語のドームにあたる円形天井のことをさすので、オルヴィエートの司教座教会をドゥオーモというには抵抗がある、と我が恩師は言っております。オルヴィエートのカテドラーレと言った方がよいのかな?)
ただ残念なことに、ドゥオーモの前の広場があまり広くなく、その巨大な姿を写真に収めるのは大変難しいです。
DSCF0977.jpg

狭い場所に建てられたからか、建物自体が割と高く、そして道路も若干狭いため、空は幾分狭く感じるかもしれません。
ただ街並みはとても美しい。
ゴミが少ないのもこの町の美点といえます。町の美化についての住民の意識が大変高く、イタリアでおなじみの「足元を注意して歩く(犬のフンの放置っぷりがすさまじいのです)」という行為をすることなく歩けるのは、道中、オルヴィエートとアッシジだけだったのではないかと思います。
DSCF0973.jpg
写真には写ってませんが、季節的にツバメが多かったです。
多いって言うか、日本であんなのに遭遇したら「大群」と表現できるほどの数でした。
植物の綿毛も多く飛んでいたのですが、最初は気付かず羽毛かと思って、鳥インフルエンザを心配したくらいでした。
(奥に移っているのがドゥオーモです)

DSCF0985.jpg

DSCF1021.jpg

DSCF1022.jpg

でも高台に築かれた町、というわけで、町の外れは絶壁になっているわけです。
そこから見える風景はまた格別!!!
DSCF1034.jpg

DSCF1029.jpg

DSCF1030.jpg

▼Orvieto(オルヴィエート)の見所
観光名所についてはこちらのサイト「アーモイタリア」が詳しいのでご覧ください。
この中にある地下洞窟のツアーに参加したかったのですが、断念。(地球の歩き方などでは、ツアー申込時には共通券を買うとお得などと書いてありましたが、駐車場を利用しない場合、損する可能性もありますので、共通券でいけるところと自分の予定を睨めっこしましょう。私の場合、断然ツアーだけ申し込んだほうが安かったです)
絵的に面白いのはサン・パトリツィオの井戸でしょうか。深さ62メートル、幅13~14メートル、248段の二つのらせん階段から出来ています。
これで、行きと帰りの人がぶつからないように設計されています。
248段の階段は勿論疲れますが、思ったほどではなく想定よりもさっと降りて、すっと昇れます。
ちょっとした不思議空間に紛れ込んだような気持ちになれますのでお試しあれ。
DSCF1060.jpg

DSCF1056.jpg


▼Orvieto(オルヴィエート)の食事所
アメリカ人の食いっぷりは別格として、イタリアのレストランも十分に量が多いと感じる方にオススメなのが、Bar(バール)やEnoteca(エノテカ)です。食費も浮かせられますよー。
Orvieto(オルヴィエート)で利用したのはこの2店。

Montanucci (モンタヌッチ)
住所:Corso Cavour 21/23/25
営業時間:7:00~23:30
パニーニは是非暖めてもらいましょう!(HotでもCaldoでも!)
パリパリサクサクなパンはとても気に入りました。
店内もオシャレで開放的で居心地がよかったです。
テーブルに座ってしまうとちょっとお高くなりますが、のんびりしてもよいかと思います。
またお土産用に包装されたチョコレートも多く置いてありましたよ。
DSCF0990.jpg


Cantina Foresi(カンティーナ・フォレシィ)
住所:Piazza del Duomo 2-05018
営業時間:9:30~19:30
ドゥオーモのすぐ近くにあるお店です。
ここのラザニア美味しかったあああああああああ。
旅の間で何度かラザニア食べましたが、一番美味しかったと思います。
ここでオルヴィエート・クラッシコ(オルヴィエート産の白ワイン)を頂きました。
飲みやすい!!!
DSCF1138.jpg


と、こんなかんじで、次は「死に行く町」と呼ばれ、「天空の城ラピュタ」のモデルにもなったといわれている、Civita di Bagnoregio(チヴィタ・ディ・バニョレージョ)をご紹介します。

スポンサーサイト