FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[DVD] ディズニーイケメン列伝
さて、ディズニー映画には数多くのタフなお姫様やヒロインが登場するが、その隣にはそれぞれ王子様が用意されているものである。
本日は、私の中での三大ディズニーヒーローをご紹介しよう。


【No.1】フィリップ王子(眠れる森の美女)


dis_sb01.jpg dis_sb02.jpg
マレフィセント様に緊縛されるという、マニアックな萌えシーンまで用意されている王子フィリップ。
初期のディズニー作品では、王子が物の見事に役に立たない場合が多い中(例:「白雪姫」「シンデレラ」)、彼は珍しく戦う王子である。
ディズニーランドのリアル王子でも、ワリかしイケメンが割り当てられている場合が多いように思われる。
現在ディズニーランドなどで登場する王子群の中では、ダントツでこの王子が好きだ。


【No.2】シャン隊長(ムーラン)


dis_ml01.jpg dis_ml02.jpg
日本での評価があんまり高くない気がするが、これがどうしてなかなか良作品「ムーラン」のヒーロー・シャン隊長。
この人も、皇帝軍の将軍の息子という、かなりなお坊ちゃんではあるが、真っ裸で平民どもを鍛えようとする、熱いソウルの持ち主である。
戦いの中では常に前線。(イイヤツなんだが、司令官としてみると、ちょっと困ったやつだな)
部下を守ろうとして思わず飛び出しちゃったり、朝青龍似の騎馬民族のボスにぼこぼこにされたり、彼もまた戦う御曹司である。
しかし、ムーランは友情物語としてもかなり高いレベルで完成されていると思うのだが。


【No.3】フィーバス隊長(ノートルダムの鐘)


dis_bnd01.jpg dis_bnd02.jpg
これもまた、日本での評価が高くない作品。恐らく、主人公カジモドの容姿が醜いためだろう。(カジモドとヒロインがくっつくんだって誤解を招いているのがよくないんじゃないかと思う)
しかし、主人公はカジモドだが、ヒロインは超絶美人で、ボイスアクターがデミ・ムーアなエスメラルダだし、ヒーローはこのフィーバス隊長である!!!
何がすごいって、この髭面。
せむし男を主人公に据えてみたり、ヒロインの恋の相手を髭面にしてみたり、この頃のディズニーのチャレンジャー精神と言ったら凄まじい。
この人もまた、カジモドやエスメラルダのために、体制に反旗を翻して戦う、熱い男である。

三作共に共通しているのは、「戦う男」だということである。
ガラスの靴持ってブラブラしたり、死んでる姫にキスしてるだけじゃダメなんである。
「ムーラン」や「ノートルダムの鐘」は、作品としてもかなりオススメなので、イケメン目当てでも、是非見て欲しい作品だ。

ちなみに、非人間も加えていいなら「美女と野獣」の野獣。「ライオンキング」のシンバを加えて、私の五大ディズニーヒーローの誕生である。
アラジンとエリックも好きなんだけどねぇ。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。