FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[MOVIE] 奇跡のシンフォニー(DVD鑑賞)
公式サイト



思ったような感動的な映画じゃなかった。というのが正直のところ。(また日本のお涙ちょうだいなタイトルとコピーにだまされたな…)
私はイタリア人の友人に「日本人はどうして天皇を特別視するのか?」と何度も尋ねられたことがある。
天皇っていったって、自分の努力で天皇になったわけじゃなし、ただの人でしょ? 血がなんなの? ということらしい。
日本人の中でも天皇に対する感情は多々あるだろう。私は、天皇一家というのは言いたいことも言えないのに、都合のいいときばっかり担ぎ上げられるかなりの犠牲者として捉えているのですが。
(今上天皇が、天皇家には韓国の血が入ってると発言したり、国旗・国歌は強制にならないことが望ましいと発言しているのに、脊髄反射なエセウヨの人たちはそれを無視している気がしてならないが。不敬罪じゃないんだろうか。どんな思いでそういう発言をしてるかと思ったりしないのかなぁ)
でも欧州にだって未だに王族はいるわけで。
この映画だって「音楽の才能に恵まれた両親の間に生まれた子は音楽の天才」みたいな話なわけで。
別に世界で日本人だけが、血統にしがみついてるわけじゃないんですけど。笑 と思ってしまう。
まぁ、これがプラスの方向性で血統を見るならまだしも、マイナス方向に見ることはいかんと思いますけどね。親が犯罪者だから、子も犯罪者とかさ。これは血の問題だけじゃなく、民族という括りでもそうですけど。



まぁ、そういうことはさておき。

ジョナサン・リース・マイヤーズ、可愛かった!!!

役柄的には、11年間もうだうだした挙句に、やっと重い腰を上げるんかーーーーい!
という、突っ込みどころ満載なヘタれダメンズですけど。
ジョナサン・リース・マイヤーズのイケメンっぷりを堪能したい方は是非。
しかし、主人公のお母さんが主人公を探すのはともかくとして、まだジョナサンを好きでいてくれるかどうかは、この映画、かなり未知数な感じがするのですが、あの親子大丈夫なんでしょうか。笑
ロビン・ウィリアムズがいやらしい役をやってるのも印象的だったなぁ。



ところで、今日はテレンス・ハワード祭だったようだ。ワリと好きだな、あの人。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。