FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[MOVIE] 幸せになるための27のドレス(DVD鑑賞)
公式サイト



女子力UP映画☆
などと銘打たれていたが、私にとっては主人公の幸せなんかより、我等が寝取られ男。ヘアスプレーでは気が違えたかのようなノリノリっぷりの、ジェームズ・マースデンの兄貴が幸せになっていたことのが重要だったんです!!!
そんなんだから女子力なんて、あがりゃしない。
たすけて、マースデンの兄貴!



肝心の映画の内容といえば、「NOと言えない」のは日本人の専売特許かと思ってましたが、アメリカ人だって「NO」と言えない人はいるんだね。ってかんじでした。
それは冗談とは言え。
彼女が「NO」といえなくて、アメリカ人にしてみれば「バカ」が付くほどの、というよりかは、お人よしのバカという設定に違和感はない。
それよりも、彼女と彼女の妹の間に生まれてしまう確執が、違和感。
「ブーリン家の姉妹」のときにも書きましたが、私にも妹がおりまして。
その妹が、私が長年思いを寄せていた人と恋に落ちて、結婚することになり、私が色々こき使われても、あの仕打ちはないんじゃないかと。
主人公のともだちも「あれはお前がまちがってる」と指摘しますけど、その間違いが常軌を逸してるんですよ。
映画は勿論作り物ですけど、作り物の中の現実感というものがあるはずで、それからを凌駕してしまって浮きまくってドン引き。
あまりにひどい。
ロマンティックムービーの中で、唐突にディザスタームービーシーンが挿入されていたのかと思ってしまう。
仲のいい姉妹が、三角関係になっちゃう映画だと思っていたので、そこは本当に違和感でした。
脚本家と監督は姉妹がいるのかな?
仮にいなくたって常識的に考えれば、あんなことしでかす主人公は、いわば「モンスターシスター」だ。
ただのイタい独身女である。
そんな主人公に「よくやった!」とか言ってるマースデンの兄貴もどうかしてるかと思うが、マースデンの兄貴だから仕方ないことにする。



…しかし、この映画で女子力なんか上がるんだろうか。繰り返すが「モンスターシスター」ですよ?



妹役の女優もわかりやすいビッチ顔でがっかりだよ。
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。