FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[MOVIE] Twilight
バラエティ・ジャパンによると、今、アメリカのティーンに大人気なのが、この映画「Twilight」なんだそうだ。
この写真見てびっくりしちゃった。

20081119-00000002-vari-ent-view-000.jpg

すわヘイデン・クリステンセンか!

と。(何が「すわ」だ)
似てません?
いや、あのシナリオを選ぶ気のないヘイデン・クリステンセンくんが、やっと久々のヒット作にめぐり合ったのかと思いきや。

そんなわけないw

しかし、この遠目にはヘイデンに見えるあんちゃんですが、公式サイトでトレイラーをみたら、やけにごつかった。
ヴァンパイアっつつたら、もっと華奢なさー……。

まぁ、トム・クルーズもブラッド・ピットも、別な華奢なタイプじゃないけどさ。(出展「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」)

アメリカ人にはこれが病的なヴァンパイアなイメージなのだろうか。(クリスチャン・ベールなら本気でやりすぎてすさまじいことになってくれそうだ)
まぁ、アメリカ人たらマッチョイズムが骨まで浸透してるわ。とか思っちゃいましたけど、私。

でも、記事の中の
> 理由3:女性はロマンスに飢えている
> 近年、スタジオはまじめなロマンス映画を製作しなくなっている。ロマンスがテーマになっている場合、コメディに走るか、『セックス・アンド・ザ・シティ』や『マンマ・ミーア!』のように、既存のブランドに頼る傾向があるため、新鮮な題材に飢えている層がいる。

これはちょっと、いかがなものかなぁと思いました。
ヴァンパイアとの悲恋なんか、チョー古典じゃん。
「クロコダイルの涙」なんかどうすんだ。
まぁ、あれよか断然さわやか青春なかほりがするけれども。

スポンサーサイト