FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[MOVIE] ヤング@ハート
公式サイト



元気をもらいました!!!
って、タレントのコメントを読んでいたけど、そうかなぁ。そうなのかなぁ。
確かに、80歳過ぎても生き生きとロックを歌い上げる姿は、本当に楽しそうで、羨ましい。
しかし、練習に精を出し、楽しそうにしているのにも関わらず、そこには避けようがない死がある。
その事実も、突きつけられる。
エル・マガジンの「楽しいのに、胸が痛くなる」というレビューが私にはしっくりきた。
彼らの仲間が死ぬシーンなどでは、涙がぼろぼろ溢れてしまって、仕方なかった。
あんなに練習していたのに。
あんなに楽しみにしていたのに。

今、ヘタれてようが、楽しくて仕方なかろうが、死ぬときは死ぬんだ。
じゃあ、やるっきゃないじゃないか。

と、まぁ、一瞬は思うんだけどね。(・・)←ヘタれ



しかし、アメリカといえば「No Country for Old Men」なんですが(「老人のための国じゃない」まぁ、日本もそうですけど)、それでも老人たちが集まって、ロック歌っちまうところに、アメリカの異様な底力を感じる。
老人たちがロック。というのを「まぁ、すごいわねぇ」と小ばかにするわけでも「年甲斐もなく」と眉を潜めるでもない。
何より幼い子供たちが「あの人たちが楽しそうにやっててよかった」という文化がすごいと思う。



GOLDEN YEARS デヴィット・ボウイ
YES WE CAN CAN アラン・トゥーサン


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。