FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[DVD] U-571
こんばんは☆ 以下定型ですが、誰も喜ばないオススメDVDコーナーです☆
このカテゴリーでは、私が持っているDVDの中でも、かなり脳みそ使わずに楽しめる映画や、お気に入りの映画をチョイスして紹介して行きたいと思います。
基本的にマニアックなものはナシ。私が言うまでもなく、皆さん十分ご存知なものを、今更大きな顔して紹介しています。
そして、その傾向から気に入るであろう映画なんかを思いついた方は、是非コメントなどいただけると嬉しいです☆
さて、第八回目の紹介作品はこちら!




U-571!



実はこの映画が公開されていた当時、O-157が猛威を振るっておりまして。
私は新聞で広告を見たときに、フツーにタイトルを見間違え、「あら、サイエンス映画かしら」なんて思ったものです。

全然違うw

さて、潜水艦映画に外れなし、という言葉があるそうですが、この映画もかなり楽しめる潜水艦映画です。
あの圧迫、そして切迫感。キコーン、キコーンという潜水艦独特の音。
『レッド・オクトーバーを追え』とかね。ね。判るでしょ。
そして、この作品は、マシュー・マコノヒーはスキンヘッドが似合うということを証明した作品でもありました。
ここはひとつ、殿方とお嬢様方の双方楽しめるように紹介したいと思います。
その前に。
この映画には、テーマソングを提供した関係かスーパースター・ジョン・ボン・ジョヴィが出演しておりますので、まず彼を紹介しましょう。

u-571_02.jpg u-571_03.jpg u-571_05.jpg
u-571_06.jpg u-571_10.jpg
まごう事なきジョン・ボン・ジョヴィ。フツーに演技してます。
あまりにナチュラルに演技しているので、途中で追いきれなくなり、どこで彼が死んだかさっぱり判らなかったのですが。
今回見直したら判りました。
っていうか、そこかよ!w ってとこでした。監督ひどいw


というわけで、本編のご紹介。
第二次世界大戦が舞台。ドイツの最新暗号機(エニグマ)を奪取するため、Uボート571号に乗り込んだアメリカ海軍の奮闘を描く作品です。

最初は、アメリカ海軍潜水艦→U-571→エニグマ獲ったらU-571を爆破してアメリカ海軍潜水艦に戻る。という計画だったものの、ここに本物のU-571が現れて、逆にアメリカ海軍潜水艦が爆破されてしまうというところからストーリーは動き出します。
尚、ストーリーが動き出す頃にはボン・ジョヴィはいなくなります。



主人公は、マシュー・マルコメヒー。マコノヒー。
u-571_01.jpg
彼は優秀な潜水艦副艦長ですが、艦長からは「ある事が足りない」と言われ、艦長昇進の推薦をしてもらうことができません。
その「ある事」がこのストーリーの鍵を握ってきます。
そんなわけで、傷心のマシュー・マコノヒーは親友のボン・ジョヴィとともに、ドイツ軍潜水艦U-571に乗り込むことになるわけです。



u-571_12.jpg
任務は無事終了。さて、自艦へ戻ろうとすると……。


u-571_14.jpg
どごーん。

u-571_16.jpg
ええええええええええええええええええ。こんなん想定外ーーー。


しかし敵のUボートはすぐそこだ、がんばれ、マコノヒー。やるんだマコノヒー!
艦長も、ボン・ジョヴィも死んじゃったぞ。
なるで島耕作の様な出世の仕方をするやつだな。(ライバルが勝手にいなくなる)


u-571_19.jpg u-571_23.jpg

u-571_25.jpg u-571_24.jpg
ふぁいあーーーーー!  どごーん!


Uボートは撃退。しかし、一難去って、また一難。
u-571_27.jpg
…やべぇ……。

潜水艦映画の真骨頂。秘儀・魚雷攻撃です。
u-571_29.jpg u-571_30.jpg
せっせっ。

u-571_31.jpg u-571_32.jpg
きゃーーー。

u-571_33.jpg u-571_34.jpg
どごーん。


u-571_36.jpg
しかし、このピンチにマシューのサードアイが開く!!!

u-571_37.jpg
オレのターンだ!!!

u-571_40.jpg u-571_41.jpg u-571_42.jpg
ターンドロー! デーモン・ソルジャーを攻撃表示で召喚。場に1枚カードを伏せてターンエンドだ!

u-571_48.jpg
ドーン!

u-571_46.jpg
さらにオレのターン!!!



と、まぁ、そういう映画です。(途中で飽きるな)



結局、U-571で任務を遂行しなくちゃいけなくなったアメリカ軍たちが、ドイツ語やメートル法に悪戦苦闘する様は、とても興味深いです。
しかし、マシュー・マコノヒーが艦長から言われていた「ある事」については、私はちょっとイヤだなぁと思いました。
まぁ、このあたりは映画だけじゃなく、小説やマンガとかでも、指揮官としての素質に関わる問題としてピックアップされるものですが、作品によって回答は異なるので。
ただマシューに関して言えば、軍曹が「あなたの下でずっと働きたいです」みたいなことをいうんだけど、私はイヤだな…。

最後に。
海軍の別部署からやってきた指揮官ハーシュくん(多分)をご紹介。
u-571_04.jpg u-571_26.jpg
この人が誰かに似てるなぁと思ってたんですが、やっと判りました。


この人でした。
vladimir_putin.jpg


そんな『U-571』是非、ご覧ください!
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。