FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[MOVIE] WANTED
公式サイト



って、リベリオンかよ!!!



と思ったシーンが用意されてて、うっかり爆笑するところだったんだぜ。
いやね、この映画について上司と話をしたときに「技術が発達して、大概のシーンなら取れるようになっちゃったから、これからはカットカットがアイディア勝負になってくるんだろうねぇ」という話をしまして。
どんだけCooOOOooOOooOLで、突拍子もないシーンを作れるかってところに注力するんだろうけど、そこだけに突出されてもねぇ。
なんて言ってたんですよ。
当然、この映画は面白シーン満載でストーリー的には……みたいな出来だと思ってました。
これがナメてました。



これ、面白い!!!



シナリオは王道と言えば王道なんですけど。いや、よくまとまってるし、見せ場もうまい。
ジェームズ・マカヴォイは演技がうまいね。ボンクラ役と、目覚めはじめから、キレるまで過程が良くわかる。
あとですね。

アンジェリーナ・ジョリー。

いやー、私、彼女を女優として「いいなぁ」と思ったことはないんですけど、こういう役ね!
キュートでもあり、セクシーでもあり、いや、素晴らしい。よかった。
彼女の存在の蹴りのつけ方も秀逸だったと思います。潔い!
ティムール・ベクマンベトフ監督はスターの使い方がスマートでいいなぁと思いました。
知らない人だったんですが、ロシアの監督さんなのね。
…そのワリに、ロシア人の扱いがアレでしたが。笑

モーガン・フリーマンは、「最高の人生の見つけ方」「ダークナイト」といい役ばっかりだったんで、ちょっと抵抗がありましたが。
サミュエル・L・ジャクソンと仕事の選び方が似ているようで、ちがうなぁ。なんでしょうね。笑

まぁ、メッセンジャー的役割の老人の扱い方とか、主人公の今後が良く判らないところが難ですし、「1を殺して1000を救う」って理論があまり好きではないんですが。
あとは文句なし。
これはDVD欲しい。

っていうか、予告編って誰が作るもんなの?
映画会社の宣伝部?
っていうか、予告編の監督は天才が多すぎる。
今のところ、私の中のアカデミー予告編賞TOPは「ハンニバル・ライジング」だけど「ウォンテッド」の予告編も、すごいと思いましたね。笑
なんて思わせぶりな予告編なんだまったくもうw



FC2 Blog Ranking
この映画のアンジェリーナ・ジョリーの扱いが好きだ!


スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。