FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハミルトン狂想曲
77104642.jpg
ルイスでーす!
フェルナンドでーす!

77950197.jpg
みなみはるおでございまーす。


さて。


F1をちょっと知ってる方なら、なんで今更このふたり?
みたいな印象を受けるのだろうけれど、うちは映画Blogのつもりなので、念の為説明します。
1枚目、左がルイス・ハミルトン。昨年デビューしたてのルーキー。現在、マクラーレン所属のイギリス出身ドライバー。
右はフェルナンド・アロンソ。世界チャンプに輝いた、現在、ルノー所属のスペイン出身ドライバー。
ふたりは昨シーズン、マクラーレンのチームメイトでしたが、現在はチームが分かれています。
そこらへんはちょっと、ごたごたがあったらしいかんじ。



73622957.jpg
昔は、こんなに仲がよかったんです。

73838157.jpg
ね。

73838814.jpg
ほら。

74137602.jpg
それが…

75272158.jpg
だんだん…

76607749.jpg
ナニこの一方通行。

76607749.jpg
目、笑ってないし!!!


という状況になりまして。
ふたりの確執は、ちょっと調べればすぐに判るので、興味がある人は、とりあえずWikiってみたり、Googleってみたりしてはいかがでしょうか。


で、お前はどっちの応援してるのよ、といわれたらば、チームとしては勝ち目のないBMWザウバーを応援しています。
ハミルトンとアロンソは別にどっちの応援もしてないし、どっちの応援もしているけど、今のところハミルトンに肩入れしているところが大きい。
それはアロンソに思うところがあるからじゃないです。
寧ろアロンソは、友人がちょーーーーーーファンだから、どうしたって応援する。

ただ、なんというか…。
ハミルトンとアロンソに対する、ネットの反応を見ていると、私、ドイツW杯のマテラッツィ騒動を思い出しちゃうんですよ。

日本はそんなにフランスが好きだったのかという、びっくりするようなジダン擁護。
ワイドショーも連日大騒ぎ。寄ってたかって、無名のマテ公をスターダムに押し上げちゃった、あの騒動を。

あの時もひどかった。マテラッツィが非人間みたいな発言のオンパレード。
読唇術なんて、お前NARUTOの読みすぎだよ。なんて術まで出てきちゃって。
もうあれだけで、無条件でマテ公応援したくなったのと、今の私の中の状況は似ているかんじ。

だって、デビューしたての新人なのに、いきなりヒール役になっちゃってるって、すごい不憫だと思っちゃうんですよ。
状況は当人しか判らず、当人だってどうしてこんなことになったのか判らないんじゃないかと思ったりして。

77397186.jpg
まぁ、ふたりが自分たちの状況をどう考えているかは知りませんが。
(ふたりの後ろのアイスマンが、スタンドみたいで怖い)

82498438.jpg
(↑一番最近の写真?)
私は、せめて彼らがいいライバル関係になってくれればいいなぁと思ってます。
誰かと誰かが敵対してるって、傍から見てれば楽しいかもしれない。
でも、職場の同僚とうまく言ってないって、自分の身に置き換えると、スケールが違うにしろ、それはあまりにも辛い。

結局、何を言いたいのか判らないエントリーですね。
えーと、つまり。アレだ。



F1が佳境なんだぜ。




※誰もが思うことなんでしょうが、ハミルトンって、オバマに似てますよね。
※ちなみにイタリア人レーサー:ヤルノ・トゥルリは、この間、バレンシーナ・ロッシ好きなイタリア人の友人に「トゥルリは好き?」と聞いたら「いらない」って言われてました。
 まぁ、確かに日本人だから中嶋一貴がすきかって聞かれたら、返答に困るけど。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。