FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリアはこうだ。日本はどうだ。
さて。もうしばらくFABRIさんにお付き合いいただきたいかと思う。
それも今日でおしまいにする予定なので、ガマンしていただければ幸いです。
どんな歌なのか、載せてみたけど、間違ってたらごめんちゃい。
FABRIさんのイタリア語の発音は聞き取りやすいんだけど、RAPなだけあって若者言葉らしくてですね。
いや、フツーにRAPが理解できるほど、イタリア語に造詣が深くないですだよ。

気を取り直して。

今日、紹介したいFABRIさんの曲は2曲。
1曲目は「Tu cosi bella, non ce l'hai(とぅ こじ べっら のん ちぇらい)」
「こんなイイものを、お前は持ってねぇだろ?」

写真とかオンナとか靴とか眼鏡とか服とかバイクとか車とかブレスレットとかパーティーとかイケてる場所とか、新聞に載った顔とか、こんなにイケてるもの、お前は持ってねぇだろ?


2曲目。「In Italia」

お前に言う者はなく、お前に与える者もない。
お前はウソだらけのこの国で生まれ、そして死ぬんだ。
イタリアのどこに逃げようってんだ?
おい、どこに逃げる?(逃げられやしねぇよ)

良くわかんないのですが。
イタリアによくきたな。イタリアでは海でバカンスを過ごすんだ。
でも、イタリアで仕事したり、病院になんかいくもんじゃねぇ。
オンナどもが道路にいるのがイタリアだし、仕事がみつかんねぇのがイタリアだ。
みたいなことを歌ってるらしいです。

これが、15歳、20歳くらいの若者に大人気。
ってところで、イタリアの若者がどれくらい将来に展望が描けないのかが良くわかる。
イタリアよ、お前もか。
と、嘆く我が恩師。

でも、こう言う歌が流行るだけ、まだイタリアはいいよなぁ。と思ってしまう。
「死ぬまでへいこら働かなきゃなんねぇのが判ってるのに、消費が低迷だってよ、わらっちまうよな。なんで金持ちのために金を使わなきゃなんねぇんだよ」
なんて歌を歌ってくれるアーティストがいるか知らないし、そういう歌が流行る気もしない in Giappone.
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。