FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[MOVIE] インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国
公式サイト


あぁ、やっちまった…。


それが、映画の正直な感想です。
これが我々の楽しみにしていた、インディー映画なのか。そう思うと悲しい。
『終わり良ければすべて良し』という言葉がある。
逆に、終わりが不味ければ、全てが台無しになるのだと。つまり…そういう映画だということなのだ…。

最低の映画。というわけじゃない。楽しめる面白い娯楽映画だし、俳優陣はがんばっていた。
中でもケイト・ブランシェットの熱演といったら、感動的だ。英語もロシア語も判らないけど、日本人の私だって、彼女が「英語の話せるロシア人役」というのは、すんなり受け入れられる。
いや、ほんとに彼女すばらしかった。
ただ、オチが私は受け入れることができない。

何の因果か。今日放映されていた、『古畑任三郎』を思い出した。
あの最後のシリーズで(イチローとかが出てきたスペシャル)、三谷氏は古畑の続編を作れないように自ら仕向けた感があるように感じていた。
周囲にあまりに「古畑の続編作ってください」と言われるのに嫌気が差して、「じゃあ、これで最後だよ」というのを明確にしたというか。(違ってたらゴメン)

もしかしたら、スピルバーグもルーカスも、インディー作らないんですか? と言われ続ける事に嫌気が差し、インディーはもう作らないよ。という意志を示したんだろうか? と思ったのだ。
…でも、だとしたって、もう少しなんかこー、オチのつけ方というのがあるのではないだろうか…。

そして、あのキノコ雲ね…。
スピルバーグでしたっけ。批判が出るのは判っていたが、必要なシーンだった。と言っていたの。
そうかな。
あれは本当に必要なシーンだったろうか。
私は、あの核爆発が必要な演出とは思えないし(なんで核爆発が起きたのか、わからないからなんだけど;)、あの距離でインディーが無事なのも納得いかない。
日本人なら、直にインディーの髪が抜け始め、歯茎から血が出てくることがわかるんじゃないだろうか。
なのに、シェルターに入ってたわけじゃないのに、無事扱い?
だって爆発直後に外出てんだよ?
石鹸でごしごししただけで終了?
核保有国のアメリカが、相変わらずそんな映画を撮っちゃうことがイヤだな…。「トータル・フィアーズ」でもバカだと思ったけど、数年たってもこうなのか…。
アレは日本人はイラッとするシーンじゃないかな。というか、イラッとする教育は、これからもし続けて欲しいと思ってしまいましたよ…。
そういえば、知り合いのイタリア人に「ニホンは被爆国なのに、なんで平気な顔して原発作ってるの?」と聞かれたことがあるのですが、イタリアも原発に切り替えるとベルルルルスコーニが発表しましたね。
アレはそのまま進むのかな。


「あのインディーが1000円で見れちゃうよ!!!」という思いで、シネマズデーをアピールしたけど。これからは「とりあえず、前売りかレディースデーなどを利用して1回見てみては…」という気持ちになってしまう。
文句なく楽しめる人も当然いると思う。
でも私は、たったひとつのオチの問題で、残念ながらこれを人に素直にすすめることが出来ないんですよね…。
インディーはファンタジー。そうでしょうとも。ニセ聖杯で水飲んだだけで、骸骨になっちゃうくらいですから。でも、これじゃんトンデモ映画だよ…。


私が『3回落ちた』オチについては、隠しておきます。
FC2 Blog Ranking




ロズウェルという地名が出てきちゃった時点で、イヤな予感はしていたのだけれど、だからそういうオチはやめてくださいというか。

あぁ、宇宙人出てきちゃったよ。という…。あぁ…。


スポンサーサイト