FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[MOVIE] ヘアスプレー
公式サイト


映画を見る前に、「魔法にかけられて」の話を友人たちとしていて、ジェームズ・マースデン(X-MEN:サイクロプス)が出ているだとか、ディズニー史上最も役に立たない王子はプリンス・チャーミングだ。なんて話をしていたら、冒頭で、いきなりノリノリのジェームズ・マースデン(スーパーマン・リターンズ:リチャード)が出てきて、驚く。


え、サイクロプスだよね。あの、ノリノリの人、サイクロプスだよね!? と友人に問い質したいまま、映画は進むわけですが。
日本ではザック・エフロンが人気ですが、ヤツはまさにプリンス・チャーミングですよ。
お前、なんもしてないじゃん!笑 やめなさいよ、こんな男! 的な男で、いやー、笑わせてもらいました。(ちなみに「ハイスクール・ミュージカル」って私、苦手なんですよね。。。)

主人公の友達役(アマンダ・バインズ)が、なんも役に立たない子かと思いきや、踊れないけど歌がうまくてびっくりでしたよ。
この子の彼氏になるシーウィード役のイライジャ・ケリーが綺麗な顔した俳優でしたね。



明るくノリノリなミュージカル映画と見せかけて、人種差別を取り扱うハードな映画。
ただ、これをこういう明るいテイストでカラッと見せられる底力に感心させられますね。
日本で、例えば在日外国人への差別を止めましょうという映画を大ヒットさせられるかっていうと、「パッチギ!」が限度なのかなぁと思うし。
なんか日本には差別がないっていう意識が多い時点で、難しそうですけどね。なんだかんだで、やっぱりハリウッドのレベルは高いんだなぁ。



まぁ、ただちょっと白人視点からのセリフが気になった部分もありましたし、あざとすぎる展開だなぁというシーンもありましたけどね。
まぁ、ノリノリのサイクロプスが可笑しかったので、いいや。笑
個人的には、登場人物全員が『オレがオレが』の「ドリームガールズ」よりかは、全然面白かったかな。
ちょっと長いけどね。
なっちゃん訳だしね。。。



「プリンセス抱き」ってなんだよ、なっちゃん。「行け行けゴーゴー」もひどいよ;
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト