FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[MOVIE][25] ハリー・ポッターと謎のプリンス
公式サイト


見よう、見ようと思っていたのに、大分遅くなってしまった。
ハリポタは、シリーズものだから仕方なく惰性で見ているので、積極的鑑賞になりにくいのと、妹が「死ぬほど退屈だった」と言っていたので、食指がね…。

感想としては、ハリポタの中では楽しめる部類だと思う。
ちなみに、私の中のハリポタの感想は↓こんなかんじ。
(私は原作を一度も読んだことがありません。また読む予定もなし)


△ ハリー・ポッターと賢者の石
× ハリー・ポッターと秘密の部屋
○ ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
△ ハリー・ポッターと炎のゴブレット
× ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


↑これに似通った感想をお持ちの方なら楽しめるのではないかと。
まー、ちんたらちんたら恋愛パートやってるので、そこをスリムにしたら、もちょっとまとまった作品になると思うけどね。
ロンなんか何の役にも立ってないし。
上映時間が120分を越え始めると編集に難ありと思い始めてしまう。
映画はやっぱり90~120分くらいでお願いしたい。


つーか、謎のプリンスってお前かよっつー。プリンスてw
FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト




[DVD] KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR
関連サイト



友人が好きだと言っていた映画で気になっていた。
長瀬智也主演でリメイクされて、更に気になっていた。
ようやく見れた。
当然、オリジナルの方だ。

これを見て思ったのはですね。
この映画を見て、長瀬智也と少女を主人公に挿げ替えちゃう制作スタッフのセンスの悪さでした。
えーと、まじでこの映画見てリメイクしたのかな?w
日本人ならお涙ちょうだいだろw みたいなノリなんでしょ、どーせ。
難病モノだし、イケるだろ、これw みたいな安易な考えで作っちゃったんじゃないの!?
思い入れとか全然ないよね???
それこそ小日向文世と生瀬勝久あたりで作ればよかったのにさ。(本日サイドウェイの予告編を見たのでこの発想です。深い考えはありません)

この映画はうだつの上がらないおっさんたちが、徐々に友情を通わせ合って、命の危険を傍らにおきながらもノンキに海を目指すのがいいんじゃないか!!!

出てくるキャラクターがどいつもこいつもマヌケでお人よしなのは、ファンタジーだとして。
じんわりじんわり来ますよ。
単純なコメディでも、単純なお涙ちょうだいでもない。

しかし、ドイツ映画だったのか。
確かに最初、登場人物が何語で話してるのかナゾだった。
英語、ラテン言語じゃないことは判ったけれども…。(伊仏西語なら判別つくからさー)


というわけで、ノルマ達成ーーー!
ヤター!




[DVD] 父親たちの星条旗
公式サイト


この映画が公開された当時、恥ずかしながら私はクリント爺の映画をまだ見たことがなかった。
役者としての映画はあったけれども、監督作品がなかったのだ。
もう「マディソン郡」やら「ミスティック・リバー」やらあったのにね。
(と思って今Wikiを見たら「パーフェクト・ワールド」を見てたわ…。クリ爺作品だったのか…全然知らなかった……)

硫黄島プロジェクトの映画を見たくなかったのは、私も日本人だからだということだと思う。
私は自民党が嫌いだし(民主党も嫌いなんだけどw)、日本人の島国根性も嫌いだし、中国や韓国をバカにする日本人も嫌いだ。民放の番組見てると反吐が出るし。
私は太平洋戦争は、日本がやらかしてしまった戦争だと思ってる。
あれを愛国ゆえとか、日本を守るためとか、そういう美化した考えは一切持ち合わせていない。
そういうセリフは戦勝国が言うものだと思ってるし、そういうことを、あの戦争に行ってない人たちが言うのがちゃんちゃら可笑しいと思う。(当然、徴兵された兵士に対してではない)

それでも戦勝国が作った、自国が舞台になった戦争映画の、戦勝国マンセー映画を見るのは苦痛だ。

つまり、そういう映画だと認識していて、つまりクリント爺のことを信用していなかったんだよね。
でもこの映画はアメリカがどうとか、日本がどうとかということではなかった。
この映画が言いたいことは、ちょっと冗談めかして言えば、「悲しいけど、これ戦争なのよね」だ。

そういえば、湾岸戦争の英雄、元国務長官コリン・パウエルは、現地の兵士たちの過酷さを知っていたから、落としどころのないイラク戦争開戦に最後まで反対していたと、町山さんの本で読んだ。
日本でも野中広務氏が『しんぶん赤旗』で戦争反対を訴えてるんですよね。



戦争を経験した世代は、戦争に反対してる。
戦争を知らないやつ(出兵しないでふんぞり返ってたヤツら)ほど、軽々しく戦争戦争と口にするのは、いかがなものか。



と、クリント爺が作品内で登場人物に言わせてましたよ。
えぇ、クリ爺が。



政治の最大の役割は戦争をしないこと。



選挙前になってから慌てて必死になって声枯らしてるバカどもは、頭の中に叩き込んでほしい。



というわけで、今日は4本も映画見て、記事書いたからさすがに疲れたヒー;
でもまだレンタルしてきたのが1本残ってる…。


[DVD] ラストキング・オブ・スコットランド
公式サイト


ずっと見たかった映画。


フォレスト・ウィテカーが素晴らしい。
気が狂ったかのようにまくし立ててたかと思えば、いきなりにこにこ笑い出したり、オンオフ激しすぎて不気味なんだけど、それがやらしくなくてすごくリアル。
これはお見事でした。

しかし一方ストーリーはと言えば、なんかねー。
ジェームズ・マカヴォイ演じるドクター・ニコラス・ギャリガンが、軽薄というかアホ…?
そして、アミン大統領が何故変貌してしまったのかもわからず…。
シナリオはgdgdでございました。

しかし、それを補って余りあるフォレスト・ウィテカーの熱演よ。
ウィテカーが全部持っていった!
そういう映画でした。



[MOVIE][24] G.I.ジョー
公式サイト


実は全然期待しないで見に行ったんだけど、や、フツーに面白い映画だった。
チケット売り場でうっかり「G.I.ジェーンください」って言っちゃったけど。

これはね、オススメです。
びっくりどっきりメカを見てるだけでも楽しいし。
アクションも中々手に汗握る。
正直、敵に場所がバレちゃった秘密基地を使い続けるのはどうかと思うけどな!

あと、「それはどこの東京?」って東京が出てくるのはご愛嬌。
中国語と英語を操る東アジアンな子供と、何人だか判らないけど確実に白人の子供が、ぬんちゃく振り回して戦う神社だか寺だかが東京にあるとは思えないけど、もう世界の主要都市から思いっきり外されてる唯一の日本の活躍の場なので、愛でてください。

いやー、海外の映画見てると、いかに日本がもう国際社会で立場ないか、痛いくらい感じますねw
もうね。やっぱ中国なんですよw

そこで、イ・ビョンホンですよ。
あの人は一体何人役だったのだろうか。
日本で武術をならった、中国人?(劇中喋ってたの、韓国語ではなかった気がするのだが…)
なんか、韓国人の彼にしてみれば、しょんぼりな役柄なのに、がんばって熱演してたので許してあげてください。
や、ほんと、イ・ビョンホンがんばってたよ。
日本人の役者もがんばれw;
つーかここでバロネスがシエナ・ミラーだと気付いた……。なんとw どっかで見たことあると思いましたよ。思いましたw
スネークアイズの中の人は、ダース・モールの人だったのか。
今日は、スター・ウォーズついてたな!!!

うん。まぁ、もっかい見てもいいかなって思うくらいは面白かったです。
夏にスカッとする1本をみたいときにどうぞ。

しかしさー、面白いね。
とうとう黒人は敵役としては登場しなくなっちゃうのかしら。
敵チームの構成が、白人とアジア人だったのがなんともはやでした。


こちらは続編作る気満々。
FC2 Blog Ranking




[MOVIE][23] ナイト ミュージアム2
公式サイト


僕らのベン・スティラーが帰ってきた!
オーウェン・ウィルソンもな!

まぁ、ほとんどヴェイダー卿を見に行ったようなものだけれど。
喘息呼ばわりされてたよ、ヴェイダー卿。
大丈夫かしら、あの子。
活躍の場は全くありません。はい。

これ、面白かったかどうかと言われると困っちゃうな。
前作は、前半部分がダメダメで、後半の出来の良さが秀逸で、全体的には平均的な点数に落ち着いてたけど、今回は前半も平均的で後半も平均的。
面白くないわけじゃないけど、前作の凄まじい上り調子をみてると物足りない。

エイミー・アダムスは好きだけど、そこは息子を連れて歩こうよ、父ちゃん!!!

あと、父ちゃんがサラリーマンに飽き飽きしてたのが、いまいち判らなかったよ。。。
発明はしてたいけど、ビジネスはしたくないってことなのかしらね。
っていうか、世の中の技術職、開発職ってそういう人多いよね。
でも優秀な職人は出世しちゃって、管理職の仕事で手一杯になって、肝心の職人仕事が出来なくなるという、日本社会の陥りがちな罠に思いを馳せてたりしました。

関係ないけど、ベン・スティラー組って民主党支持なのかな?
リンカーンプッシュでそう思ったんだけど。(オバマがリンカーンかぶりだから)

っていうか、他にもなんか思うところがあったんだけど、このあと2本も映画見たから忘れちゃった…。
思い出したら追記します;

エンディングのオチを見たら、こりゃ続編作る気ないなーと思った。
FC2 Blog Ranking




[MOVIE][22] HACHI 約束の犬
公式サイト



リチャード・ギア主演で『ハチ公物語』がリメイクされると聞いたときは、やっちまったと。
これ、リチャード・ギア死なないんじゃないかとか。
むしろリチャード・ギアは上野教授役じゃないんじゃないかとか。
いや、当然ハチ公も死なないよね。とか思ってたんですけど、そのあたりは原作に忠実でありました。
ただまー、アメーリカンですね。
日本みたいな「おしん」的展開がない。ハチ公は虐げられない。
だから、なんていうか、泣けるんだけど、なんかこー、表面的なのよね。

『ハチ公物語』はもう随分昔に見たきりだからかなり美化されてるけど、見所としてはハチが霊柩車を追っかけるところと、ラストに上野教授がハチを迎えに来てくれるシーンだと思うんですよね。
その2シーンがねぇ…弱い!

残念である!


△微妙に編集間違ってる気がしてならない動画。


あと気になったのは、
▼ハチの本来の飼い主が名乗りを挙げなかった理由が判らない。
 映画ではわざわざ日本から取り寄せてるので、かなりお金がかかってるんじゃないかなぁ;
 情報提供してるのに呼びかけに応じないなんて、どんだけ金持ちなんだと。

▼ハチという名前の由来はね。
 映画の中には日本人役だか日系人役だかの日系人の役者さんが出てまして。
 その人が、ハチの首輪の「八」という文字に気付いて、この犬の名前はハチだよ、とリチャード・ギアに教えるシーンがあります。
 で「八って日本では縁起がいい数字なんだよ、天に昇って地に下りてくるという意味だ」と語るわけです。
 …しらなかったw
 末広がりだからじゃないんですかw
 そういや、このときの首輪どこにいっちゃったんだろうね。孫の犬が引き継いだのかなぁ。

▼母と娘の仲は本当にいいのか。
 リチャード・ギア死亡後、ハチは娘に引き取られるのだが、そこを飛び出してしまう。(というより、娘がハチの養育を放棄したようにも見える)
 そのことを10年間、母親が知らないという展開はどう考えても変だ。
 その間、母親は娘と連絡を取っていなかったのだろうか。
 孫がいるのに?


全体的に甘く緩いシナリオなんだけど、アメリカ人はこれでメロメロになってしまうのだろうか。
『ハチ公物語』なんか見たら失神するんじゃないか、アメリカ人。


まぁ、コロコロしたワンコを愛でる映画だと思えば十分楽しめます。
しかし、舞台のベッドリッジ駅はどのあたりの地域を想定されてるんだろうか。
リチャード・ギアがヤンキースファンであるらしいことを考えると、NY近郊なのか?


NY近郊にはスカンクがいるの?;;;


アメリカがよくわからない。
FC2 Blog Ranking




[MOVIE][21] 劇場版 仮面ライダーディケイド&侍戦隊シンケンジャー
公式サイト

見てきました。劇場版シンケンジャー。
何も公開日に行かなくてもと思いながら。しかし同行者の予定がつかず。
こどもだらけの劇場で肩身が狭いかと思いきや大きなお友達ばっかりでやんのな!(笑)
立地に寄るのだろうか……。
もうこれに真面目に感想書くのもどうかと思うんですが。



【侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦】
このネタをよく30分(?)にまとめたなぁ、と。
フツーに90分引っ張れるネタだろうに。
基本的には話を長くするより短くする方が大変なので、これでまとめたのはえらかった。
しかし、敵陣真っ只中の神社に切り札とりに必死に潜入してんのに、そこに子供がお祈りに来てんだよw
敵陣ちゃうんかwww
これは仮面ライダーだったら子供たちは敵の罠だよね。(笑)

シンケンジャーのすごいところは、笑いを全力で取ってくるところ。
中二病患者なスクエニさんのゲームやりゃ判るように、お塩先生が証明してしまったように、中身薄っぺらい奴ほどカッコつけたがり、自分をネタにされると激怒するもんなんです。
エフゲニー・プルシェンコなんか汚れ役をやっても自分の価値が下がらないと自信があるから、自らをネタにし放題。

どっちが強いなんて火を見るより明らか。
それをやってのけるシンケンジャーのスタッフは自身の作品によほどの自信があるんだろう。
このたった30分にも笑いを忘れない心は素晴らしい。
その代わりツンデレシンケングリーンはやたらと素直なキャラになってましたが。
反抗したら時間足んなくなるから仕方ないか。(しかしネタはやる根性。天晴)

シンケンジャーは基本ストーリーはひどくダークだと思う。
敵の大将をほふる術は、リーダーのシンケンレッドのみが使用でき、シンケンレッドはその使命のためになら仲間の命を賭けると名言している。
だがそれをそう感じさせないのは、やはり笑いを忘れないシナリオのおかげだ。
またワンピースのルフィ、ドラゴンボールの悟空に通じるシンケンレッドの強権っぷりも私は気に入ってる。
私は主人公が物語の中心にがっちり君臨してるのが好きなので。
まぁ……映画版のシンケンレッドの衣装ひどかったけどね。
お前は第六天魔王かと。
つかBASARAかよ。
というか上杉謙信か!!!

それにしてもシンケンブルーの中の人のファンはなぁ…あれ、どうにかならないかw
シンケンブルーの中の人のファンなんだと判る騒ぎっぷり;
基本的にあれは子供のための作品なんだから、きゃーきゃー言ったら子供がかわいそうだ。
……まぁ、あんまり子供いなかったけどね。

どうでもいいけどシンケンレッドの中の人の笑顔のぶさいくっぷりはすごい。
大根役者のシュワルツェネッガーにターミネーターをあてがったように、シンケンレッドはずっとむっとしてればいい。
コメディは演技力がいるんだぜ、殿様。

そういや新しい武器が恐竜だったけどさ……なんで恐竜? 初代(昔)の武器達だから?
でもたった三百年だしなぁ。その心が判らない。


【仮面ライダーディケイド】
ディケイド一回もみたことないけど、まあ、大体の世界観は把握できる親切設計。
子供向け(ファミリー向け)ってバカに出来ないんだよね。
子供にも判るように説明する。ついでに大人も楽しめるようにするのって大変なんすよ?
まぁ、子供にはちょっとハードかと思ったけど。
ショッカー大発進シーンが優雅過ぎて腹筋がピクピクしたが、その後オールライダーがショッカーたちと同じ演出でライダーキックかましてるシーンで腹筋崩壊しかけた。
Wにディケイドの活躍の場取られてるし。
Wは緑と紫のカラーリングはあんまりだと思ったけど、赤とシルバーになるとカッコいいわね。
無理矢理変形させられてるライダーたちが、基本、そんな股全開に変形しなくても変形できそうなものに変形させられてるのが不憫だった。
ライダーまで巨大化するし。
シンケンジャーの後でかぶりすぎだよ。
おまけにディケイドの変身スーツに遺影みたいのくっついてるしw なんなんだアレは。
というか、主人公の妹が中二病患者丸出しのペンネームを自らにつけていて笑った。
つーか、ディケイドってもう終わったの?
まるで最終回のような話だったなぁ。

ところで、歴代仮面ライダーの中に、口許だけ変身忘れちゃって心許なく見える人と、ショッカーとまじって判んなくなっちゃったまるでモンスターみたいな見てくれの人が居て笑った。


Gacktの指が短くて衝撃だった。
FC2 Blog Ranking




[MOVIE] [20] ノウイング
公式サイト



というわけでハゲの方の映画。
これはねー。この映画のいいところは予告編に凝縮されててるから、予告編だけみるといいと思う。







まぁ、見る前からオチを知ってたからそうは落胆しなかったけど、これ何も知らないで見てたら、囁き王子の人影が出始めたところで、不貞腐れるところだった。

なんかねー。必ずしも出来は悪くないんだけど。
悪くないんだけどさー。
特に途中なんて、ちょっとしたホラー並の怖さを味わえたし。
でも全体的に珍作なんだよねー。



主人公は大学教授なのに、奇妙な人影が現れた後に残される黒い石のこと調べないしさ。
何の石かくらい調べてもいいと思う。石が結局何を現していたのかも良くわかんないし。

太陽活動も、前フリなさすぎて唐突だしさー。

あと、何日に何々が起こる。っていう映画なんだから、ID4とか24みたいに、今何日なのかっていうのを、はっきり明示させた方が予言の真実味が上がった気がするんだけどなぁ。

でも主人公が迎える結末は意外だった。
しかし、あの奇妙な人影の人たちは中途半端に親切。
そんな親切いらないってほどに中途半端。


どうでもいいけど、ニコラス・ケイジにあんな切羽詰った顔で迫られてるのに、お茶することを承諾するヒロインは可笑しいと思うw
私だったら逃げるw


ラストのネタバレは隠します。
FC2 Blog Ranking



...read more

[MOVIE] [19]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
公式サイト


「シンジくん、今度こそ、君を幸せにしてみせる」



え。



なに、このホモ。



気持ち悪い。



昨日、DVDを鑑賞しているところから察していた方もいらっしゃるかもですが、毎月1日は映画1000円の日!
ということで、ひっさびさに映画見に行ってきましたー!
例えその映画が、ホモとハゲ(ニコラス・ケイジ詳細は次の記事にて)で構成されていたとしても、いやー。映画ってホントにいいですね。

あ。そうそう。私は別にホモフォビックじゃないですよ。
ゲイイベントのボランティアとかやったことあるしね。
でもこの手の、ホモくさーくなったキャラクターはなー。
FF7の3Dアニメのセフィロスもホモ臭くて笑っちゃったもんね;

というか、映画館の隣に腐女子が座ってて、映画始まる前から「カヲルくん☆ カヲルくん☆」ってキャーキャー言ってて笑えたから余計にホモ臭感じただけかもしれない。
いやー、外では誰が話聞いてるかわかんないから気をつけないといけないなぁ。



演出はねー。挿入歌のところがふたつともダメだったなー。
バトルとか悲惨な曲のところで、全く別な印象の曲を持ってくるって演出は王道なんですけど、2回もやられるとねぇ。
鼻につく。しかも、いまいち歌あってないし…。
エヴァってBGMの使い方うまかった記憶があるんだけどなぁ。

あと新キャラの眼鏡女子の声優。
なんかこの人の声と演技が、エヴァっぽくなくて違和感だったなぁ。

アスカのエピソードは良かった。
アスカ、ちょっと大人になりましたな。
アスカとレイの絡みはベタベタだけど、悪くない。
「序」でシンジとレイの接近が急すぎて謎だったのと比べると、ぐっと自然だったなぁ。



さて。
エヴァねー。
アニメも映画版も見てて、エヴァは面白いと思うけど、私は精神世界に入ってからのエヴァは好きじゃなくて、前半のエヴァで使徒をボコボコにしたり、ボコボコにされたりしているところがすごく好きで。
でも、別に謎解きなんかされてなくてもなんとも思わないし、特定キャラに入れ込みもないので、作品のノリが単純に好きなんだと思う。
何だかんだ言って「破」も楽しかったし。
映画見ながら「うわー、やべー」とかいいそうになった自分がいたからねw



エヴァが、やっぱり異色作だよなーと思うのは、10年間人気が続いていて、色々派生作品が作られているけど、エヴァはエヴァのまま、世界が閉じてしまっていることだよね。
えーと。
ガンダムみたいにじゃないというか。ほら、ガンダムってもうアムロどこにもいないじゃん。でもガンダムって言うじゃない。
別作品をガンダムというロボットで繋いで、ガンダムにしてるんだけど、エヴァって同じシナリオを何度も何度も十年間もやってて、それで人も来るっていうのがねー。



不思議な作品だなぁ。



全体的に仕上がりがよい私の好感触を、カヲルくんひとりにぶち壊されたので、なんとも評価し難いw
FC2 Blog Ranking




[DVD] ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序


いきなり訳わかんないところに連れてこられたと思ったら、なんでかデカい巨大なロボに突っ込まれて、生命を危険にさらされて同情するものの、なんかじめじめしててウザいんだコノヤロウな主人公が頑張ってんだかまぁ頑張ってるんだろうけど、もうちょっと頑張ってると言い切らせて欲しい、そんな日本を代表するアニメ。
10年以上経ったし、新規ユーザーも入ってきてるから、またあと10年エヴァで飯が食えるんですな。
うらやましい。

序は序なので、アニメ版をハイライトでお届けされました。
ただ、これ初見ユーザーは大丈夫なのかなぁ。
トウジにぶん殴られるところ、リツコさんのフォローが入ってるけど辛いかもなぁと思いました。
まぁ、基本的にはアニメ版を見てる前提で作ってるのかな。
というかアニメ版をしらないユーザーを当てにしてないのかも。(する必要もないか?)
アニメ版と映画版を比較して、一番惜しいと思ったのは、シンジくんとミサトさんの対立、葛藤と、シンジとレイの距離の縮め方がショートカットされてるところなんだけど、まぁ仕方ないよね。
今回の一連の作品は、恐らくそこをフォローするためのものじゃないんだろうから。


戦闘シーンは文句なし。
他の画面は…スクリーンいっぱいに広がるミサトさんの顔とかちょっときつそう。とか思いました。
てへ。

※追記
スタッフロールの順番に好感を覚える。
声優陣でなくアニメスタッフを前に持ってくるのはなかなかね。
※ここまで

そんなDVD鑑賞でしたが、妹に借りてきてもらいました。
オタクじゃないOLの妹に!
ツタヤで!
メール一本でパシらせました、ごめん、妹!
「新作カットを含むデジタルマスター版の序と、ただの序どっちがいい?」
とわざわざ連絡をくれた。
わざわざツタヤの店員に聞いてくれたらしい。
できのいい妹を持った姉は幸せです。

ありがとう、妹よ!