FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



アカデミー賞は
公式サイトにへばりついてました。
別の場所ではリアルタイムで受賞を更新していたのですが、肝心のココでできず……。
URLわかんなかったんだよね。。。
あああ、片手落ちだ。

ともかく、ヒース、獲りました。
BBMで獲らせたかったなぁ。
なんか死んだ後に国民栄誉賞を上げてる気分ですね。

個人的にはミッキー・ロークにあげたかったな。


スポンサーサイト




[MOVIE] ジュリオの当惑


イタリアのクリント・イーストウッド爺、もしくはイタリアの北野武。いや、やっぱり作風的にはウディ・アレンなのかな。
そんな、ナンニ・モレッティの監督・主演作品。

基本的には「ゆる系」で、特にこれと言ったカタルシスもないんだけれども、全編を通して、奇妙な緊張感がある。
それは、この映画のあらすじを読んでしまっているからだろう。

ジュリオは司祭であるが、妹は堕胎しようとし、父は妹の友達と不倫関係にあり家を飛び出し、母親はついに自殺してしまう。
聖職者の家族としてあるまじき破綻である。

ジュリオは最初はともかく、様々な問題を解決しようと意欲的に取り組むものの、やがて余裕を失い始める。
それは「当惑」なんて生々しいものではない。髭を剃るのも忘れ、目はぎらつき、まるで犯罪者一歩手前だ。
ジュリオがキレるか、壊れるんじゃないか。
そんな不安がギリギリの緊張を生んでいる作品。

特にオススメはしないが、ナンニ・モレッティがイケ面である。
でも冒頭で唐突に脱ぎだしパンツいっちょになったときは、どうしたものかと私が当惑した。

[食事処] 中国西安料理と火鍋 『XI´AN(シーアン)』
公式サイト
■中華
■なんか家電量販店が多い町にある印象
■わいわい
■「絶品!ナスの山椒揚げ」がうまい! そして、安いよ。