FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[MOVIE] 英国王給仕人に乾杯!
公式サイト


想定外にも、お嬢さん方のバストトップ全開の映画でした。
しかし、オチのように主人公の悶え顔も見せられる、年齢層が高めな劇場で困ったなぁ、これは。という気持ちになった映画でした。笑

主人公は独白は多いが、若い頃のシーンでセリフを喋ってるシーンはほとんどなく、恐らく動きからしてもそうなのだと思うのだけれど、チャップリンを思わせる。

これはヒトラー支配下のチェコを描いた話なのだが、主人公はヒトラー側につく。(ヒトラー側というよりか、ドイツ側)
そして、ユダヤ人の財産を平気で自分のものにし、転落する。

私たちはヒトラーの末路を知っているし、彼がユダヤ人に何をしたか知っているから、「うわ、バカだな」と思うけれども。
あの時代。真っ只中にいたら、どうしていたかは判らない。
今の日本人の、脊髄反射的な、自身のフラストレーションの解消の矛先を一方的に中韓に向けているようなところを見ると、主人公の行動を笑えないし、バカにできない。

純血主義のアホらしさなんかも、よーく描いてあると思います。
純血主義ってさー……ほんと、アホらしいなぁと思うのよ。
例えば日本にしたってさ、地球が誕生したときだけ、日本列島だけガラパゴスのように隔離されていた訳じゃナシ。
祖先は大陸から渡来したと言われてるけど、大陸ってどこの大陸だと思ってるんでしょうね。日本人の純血を守れなんていってる人たちは。
大体、人類はアフリカから生まれたってことを忘れてるよ。

というわけで、2008年の映画はこれで打ち止めー。
今年も拙ブログに来てくださいまして、ありがとうございます。
今年の映画の総括などもしたいと思っておりますので、よろしくお願いします!

この主人公、ちょっとユアンの香りがするんだよな。。。
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

[MOVIE] バンク・ジョブ
公式サイト

これね、面白かった!!!
「ケチな素人泥棒たちが、銀行強盗をしたら、王室スキャンダルも盗んじゃったヨ」という話なんですが。
まぁ、コメディタッチにいいましたけど、中身はマジです。
人死んでます。
それなりに長い映画ですけど、長さをカンジさせない、いいスピード感ですよ。
ただ、主人公のテリーがですね。うだつの上がらないちんぴらで、仕事の回ってない中古車店を経営しているワリに、マフィアとMI5と警察を相手にする頭の回転が早いキレ者なのが、唯一気になります。
お前……そこまで、頭が回るんだったらちゃんと仕事しろ。

主演がトランスポーターの人だったか…。笑
気が付かなかったぜ、ジェイソン・ステイサム。
この人、カッコいいよね。
ガイ・シンガー役とバンバス役の俳優が好きです。


って、おっさんばっかじゃん。
FC2 Blog Ranking


[DVD] ディズニーイケメン列伝
さて、ディズニー映画には数多くのタフなお姫様やヒロインが登場するが、その隣にはそれぞれ王子様が用意されているものである。
本日は、私の中での三大ディズニーヒーローをご紹介しよう。


【No.1】フィリップ王子(眠れる森の美女)


dis_sb01.jpg dis_sb02.jpg
マレフィセント様に緊縛されるという、マニアックな萌えシーンまで用意されている王子フィリップ。
初期のディズニー作品では、王子が物の見事に役に立たない場合が多い中(例:「白雪姫」「シンデレラ」)、彼は珍しく戦う王子である。
ディズニーランドのリアル王子でも、ワリかしイケメンが割り当てられている場合が多いように思われる。
現在ディズニーランドなどで登場する王子群の中では、ダントツでこの王子が好きだ。


【No.2】シャン隊長(ムーラン)


dis_ml01.jpg dis_ml02.jpg
日本での評価があんまり高くない気がするが、これがどうしてなかなか良作品「ムーラン」のヒーロー・シャン隊長。
この人も、皇帝軍の将軍の息子という、かなりなお坊ちゃんではあるが、真っ裸で平民どもを鍛えようとする、熱いソウルの持ち主である。
戦いの中では常に前線。(イイヤツなんだが、司令官としてみると、ちょっと困ったやつだな)
部下を守ろうとして思わず飛び出しちゃったり、朝青龍似の騎馬民族のボスにぼこぼこにされたり、彼もまた戦う御曹司である。
しかし、ムーランは友情物語としてもかなり高いレベルで完成されていると思うのだが。


【No.3】フィーバス隊長(ノートルダムの鐘)


dis_bnd01.jpg dis_bnd02.jpg
これもまた、日本での評価が高くない作品。恐らく、主人公カジモドの容姿が醜いためだろう。(カジモドとヒロインがくっつくんだって誤解を招いているのがよくないんじゃないかと思う)
しかし、主人公はカジモドだが、ヒロインは超絶美人で、ボイスアクターがデミ・ムーアなエスメラルダだし、ヒーローはこのフィーバス隊長である!!!
何がすごいって、この髭面。
せむし男を主人公に据えてみたり、ヒロインの恋の相手を髭面にしてみたり、この頃のディズニーのチャレンジャー精神と言ったら凄まじい。
この人もまた、カジモドやエスメラルダのために、体制に反旗を翻して戦う、熱い男である。

三作共に共通しているのは、「戦う男」だということである。
ガラスの靴持ってブラブラしたり、死んでる姫にキスしてるだけじゃダメなんである。
「ムーラン」や「ノートルダムの鐘」は、作品としてもかなりオススメなので、イケメン目当てでも、是非見て欲しい作品だ。

ちなみに、非人間も加えていいなら「美女と野獣」の野獣。「ライオンキング」のシンバを加えて、私の五大ディズニーヒーローの誕生である。
アラジンとエリックも好きなんだけどねぇ。


今年もあとわずかな注目映画
12/20 英国王給仕人に乾杯!

12/27 バンク・ジョブ


さて、会社の先輩から「すっごいつまんないから、是非みてね☆」とか言われてしまった『地球が静止する日』をどうしたものか。笑

あ。「食事処」というカテゴリーを作りました。
これは、私が気に入った飲み屋をメモしていく予定です。(すぐ忘れるので)
テキトーな情報しか載ってないのはそのためですが;
どこもそんな悪くないと思うので、映画見るときに近くまで来るのであれば、利用してみてくださいね。


[食事処] 澤乃茶屋 源八
公式サイト
■梅酒
■下北沢
■わいわい
■…そんな高くないと思うけど。

[食事処] 烏鵲橋
公式サイト
■韓国料理
■新宿
■わいわい
■……覚えてない。そんな高くないと思う。

[食事処] zoogunzoo
公式サイト
■ワインバー
■渋谷
■静か
■飲むな、飲むと死ぬぞー!(財布が)

[食事処] ばくらい
情報サイト
■ワインバー
■新宿
■そこそこわいわい
■……覚えてない。そんな安くない。

[食事処] Bar Arimentari DANIELA
公式サイト
■イタリア料理
■下北沢
■ワリと静かめ
■がっつり食べて、がっつり飲むと高いよ

[食事処] ヘルムズデール
公式サイト
■スコティッシュパブ
■六本木
■サッカーシーズンは賑やか
■酒とつまみと考えるとちょっと高いかも

[食事処] ルソイ
食べログ
■カレー
■目黒
■ランチは賑やか
■ランチは普通の値段。夜はランチに比べると高い。(何を当たり前のことを)

[食事処] ばるあらら
公式サイト
■スペイン料理
■五反田
■静かでも騒がしくもない
■物凄い高いわけでも、リーズナブルでもない

[食事処] CASA DEL BUENO
公式サイト
■スペイン料理
■渋谷
■わいわい
■お手ごろ価格

[MOVIE] ワールド・オブ・ライズ
公式サイト



おいおい。ラッセル・クロウは、そんな表に立たせるほどは役に立ってないぞw
むしろ、ディカプリオが、またひとりでムダ頑張りを見せていて、涙ぐましくなります。
この人の不運は全てその童顔が元凶だと思っているのですが(半ば冗談、半ば本気で。まったく、可も不可もないマット・ディモンのような顔だったら、どれだけよかったでしょうか)、このディカプリオがまた必死でいかめつい男に見せるために(?)生やしている髭が、似合ってないんだかなんなんだかでもう、切ないです。

「永遠のこどもたち」でHPに特大ダメージを受けた状態で見に行ったために、腰痛いし、頭痛くなってくるしで、落ち着いて見られず、どうにも「退屈」「長い」という印象になってしまいましたが、これは一重に私と劇場のコンディションが良くなかったからだと思う。



だって、異常に暑かったんだよ、劇場内!



ストーリーは、欧州でテロを繰り返すイスラム過激派のリーダーをとっ捕まえようと、ディカプレオががんばり、ラッセルが横槍を入れるというもの。
ちなみに、イングランド内では、マンチェスターとシェフィールドが攻撃されていましたが、私にとっては「プレミアリーグ繋がり!!!」ということで、ベッカムとショーン・ビーンの顔が過ぎったのでした。

見所は、ディカプリオに「このデブ!」と罵られてイスを蹴り倒されて転げる、スシ食うのがすこぶる下手なラッセル・クロウです。
あの人、メタボりすぎで、昨今心配です。体重戻せるんでしょうか。
ちなみに私のオススメはハニ・サラーム役のマーク・ストロング。
不必要なまでにきれいな顔をした役者です。カコイイ。
私は中東系のイケメンも好きだ!(Cロナも好きだけれども。←もうなんでもありだな)
ちなみに、このハニ・サラームのことをディカプリオが呼ぶたびに「ハニー」と聞こえておかしくて仕方なかった。


なんでハニーやねん。
他にもっと役名なかったんだろうか。
まぁ、最も、アメリカ人の耳には、ハニとハニーが全く別物に聞こえている可能性は大なのだが。


しかし、痛いシーンもあり、ここでも私はびっくりして前のイスを蹴り飛ばすところでした。


ところで公式サイトのフォントというかデザインにやる気を感じない。
FC2 Blog Ranking



[MOVIE] 永遠のこどもたち
公式サイト


『パンズラビリンス』のギレルモ・デル・トロ製作映画。
ダークファンタジーだと思い込んで見に行ったところ、付き合ってくれた友人が、座席について上映開始直前に一言。
「ねぇ、なんでホラーチョイス?」



WHAT!? ←ホラー大嫌い



そんなまさか。そんなはずはない。と思いながら上映開始。
タイトルロールで諦めました。



まごう事なきホラー映画だ!!!




「愛を信じたら、本物の光が見える。」ってどんなキャッチコピーだよ。全然関係ないよ。
予告編見ておくべきだったああぁああ、『シックス・センス』が引き合いに出されてるじゃないかあああああ!
三回ぐらい、びくつきました。
一度は前の座席を盛大に蹴り飛ばすくらいビビりました。
ホラーが怖いのは、ホラーとしては当然で、怖くないホラー映画というのは、アイデンティティが崩壊というか、自己否定、存在否定なので、仕方ないとは言え、



金払ってホラー見てしまった、この衝撃。



さて。
ホラー映画を、ヒューマンドラマチックに宣伝しやがった映画会社へのうらみつらみはこの辺にして、映画自体の評価はといえば。
主人公の旦那が役に立たない上に一人損でしたが、きれいにまとまっていたと思います。(ホラーにおいて、男は何故役に立たないのだろうか ←ホラー、よう見ませんが、そういうイメージ)
伏線を回収し、華麗にオチをつけております。
ホラーの質は、ハリウッドというよりかは、明らかに日本的。
フリークがバーンでぎゃーでチェンソー振り回して血がどばーってのはない。
ちょっと「わー『呪怨』でこんなんあったなー」って姿になっちゃった人がいましたけど、一瞬です。
しかもビビるのは、そこじゃないっつー。

あくまでもさっと横切る人影であったり。
ぎぎぃと軋む扉であったり。その繰り返し。繰り返し。繰り返し。で、たまに、どん! と。

不気味な効果音と迫りくるカメラと、緊張は高まるが「いや、ちがう。これはフェイクだ。安心させてからが本番だぜっ!」と判っていながらもビビッてしまう、この悲しさよ。



というわけで、「永遠のこどもたち」では感動の涙は流せないし、スピリチュアルに癒されもしないので、クリスマスにカップルで見ようなどと血迷っている方々は、即刻中止する事をオススメする。


まぁ、最も、吊り橋効果を狙うというのならば別だが!!!



主人公の旦那カルロスが知り合いのイタリア人、マッテオくん31歳にそっくりで笑った。
FC2 Blog Ranking



[DVD] ブラザーサンタ


さて、超私的、個人的な趣味によりオススメ映画を紹介いたします。
本日はいよいよ本番を迎えるクリスマスにちなんで、「ブラザーサンタ」!
fred_claus01.jpg
ワーナーのロゴまでクリスマスデコレーションされたこの映画。
クリスマスソングもふんだんに使われているので、BGM代わりに流しておくのもいいかも。
こども向けのファミリー映画だとバカにするべからず。これがなかなかうまく出来ているのだ。

fred_claus05.jpg
主人公のフレッドは、サンタの人形にラリアットかまして破壊するほどのクリスマス嫌い。
何故なら、彼こそ、あのサンタクロースの兄。フレッド・クロースだからだ。

fred_claus02.jpg fred_claus09.jpg
産声は「ホウホウホウ」のサンタクロース、使用前・使用後

fred_claus03.jpg fred_claus06.jpg
にいちゃんも昔は可愛かったが、今はちょっとヤバめなおっさんである。

fred_claus04.jpg
弟が生まれたときは「世界一のお兄ちゃんになる」と心に決めたフレッドだったのだが、ことあるごとに弟と比べられることになる彼は、とうとうとある事件を境に、家族と決裂し、ひねくれてしまうのだった。

fred_claus07.jpg fred_claus08.jpg
そりゃサンタの恰好で悪事を働き、サンタ軍団にボコボコにされるほど。

しかし、そんなフレッドは弟に金を無心するために北極へ行くことになったのである。
お迎えは勿論。
fred_claus10.jpg
となかいのソリ。

fred_claus11.jpg
辿り着いた北極でフレッドを待っていたのは…(↑は北極のメインストリートである)

fred_claus12.jpg fred_claus16.jpg
サンタのボディーガードと不必要なまでにセクシーなサンタの秘書。そして…

fred_claus14.jpg
ケビン・スペイシーであった。当然、彼が悪役である。勿論、笑うところだ。
ケビン・スペイシーはとある理由で、フレッドと同じように、クリスマスとサンタクロースを憎んでいる。
そんな彼はサンタを罠にはめんと虎視眈々と期間をうかがっているのだが。

fred_claus15.jpg
そんな事情は露知らず。フレッドはエルフたちとノリノリ。騒ぎを起こしてしまうのだった。
そしてとうとう、ダメ兄貴に弟サンタもぶちきれる!
サンタも太っていることを気にしていたことが判った、これがその衝撃の瞬間の映像である。
fred_claus18.jpg
ムキー!

fred_claus17.jpg fred_claus19.jpg fred_claus20.jpg
そしてサンタ大暴走。

fred_claus21.jpg fred_claus22.jpg
大喧嘩の末に兄弟は……しかし、分かり合えないのだった。
サンタは心と腰を痛め、去り、そして騒ぎによってクビを宣告されてしまう。

fred_claus24.jpg
ドーン。
サンタまでクビになるとはなんと恐ろしいご時世だろうか。笑えない。

fred_claus25.jpg
北極を去るフレッドのもとに、サンタからプレゼントが届く。(ちなみにこの女性はサンタの奥さんである)
弟からのプレゼントとは……。

fred_claus26.jpg

フレッドは、弟が嫌いなわけではない。
彼は、弟へのコンプレックスをなんとか克復せんと、「兄弟との葛藤を乗り越える会」に足を向けるのであった。
そこでフレッドが出会ったのは……。
fred_claus28.jpg fred_claus29.jpg fred_claus30.jpg
左から、フランク・スタローン(シルヴェスタ・スタローン弟)、ロジャー・クリントン(ヒラリーの旦那の弟)、スティーブン・ボールドウィン(アレック・ボールドウィン弟)であった。
……ひとりくらい、優秀な弟を持つ兄貴を用意できなかったんだろうか。

ブッシュとか。

そしてロジャー・クリントンの「大統領のいい弟はムリだけど、ビルのいい弟にはなれる。愛する兄と家族のために、頑張ってみようって心に決めたんだ。僕は兄を愛してる」という言葉にフレッドは心動かされ。

そして、男は立ち上がるのだった。

fred_claus31.jpg fred_claus32.jpg
あんま似合ってないけど。

fred_claus36.jpg
立ちふさがるのは、当然、ケビン・スペイシー。しかし、この彼にもクリスマスの奇跡は起きようとしていた……。

fred_claus37.jpg
↑このカットで「うは!!!」と思えた映画好きなら、是非見ていただきたい作品である。
ちなみに私は観客が7人しか居ない劇場で、思わず噴き出してしまい、非常に恥ずかしい思いをした。

fred_claus39.jpg fred_claus40.jpg
クリスマスは大成功。そして兄弟は絆を取り戻すのだった。

映画ファンにはにやりとさせられるネタも多いので、是非楽しんで欲しい。

fred_claus13.jpg
↑こちら、上段飛ぶのが嫌いなフレッドと、下段イヤな予感がするウィリーである。……まぁ、元ネタは両方、同じ人だけれども。

fred_claus41.jpg fred_claus38.jpg
とにかく伏線もひとつひとつ回収していくし、かなり丁寧に作ってある映画である。フレッド日本にも来てるし(武富士てw)、是非ご覧ください。

比較されてしまう兄弟の心の葛藤が、けっこうしっかり書かれている。本気でオススメです。
FC2 Blog Ranking


[MOVIE] 英国王給仕人に乾杯!
公式サイト

面白そうなので、メモ。
いやぁ、やはり単館には頻繁に足を運ばなくちゃダメだな。

[MOVIE] アラトリステ
公式サイト


うーん。なんじゃろね。なんかダラダラした映画でした。

『イングランドから来た異端者ふたりを殺せ』という依頼を受けるものの、奇妙な胸騒ぎによって、そのイングランド人ふたりを助けることになるアラトリステ。
しかし、そのふたりのイングランド人が、イングランド皇太子であったことからアラトリステは国家の野望に巻き込まれていくのであった。
というあらすじから想像されるようなストーリーではありません。

むしろ、このあらすじは「判っていて」観客を罠に嵌めてるよな。

イングランド皇太子なんかちょろっと出てきた後、アラトリステと話をするでなし。
アラトリステも「最強の戦士」と言われてる割には、パレルモ(イタリア人かよw)出身の剣士にぼこぼこにされてるし。
思えば、このイタリア人がなんでアラトリステに付きまとうのかも、理由が良く判らない。(Wiki見て判ったけど、映画じゃ説明不足じゃないかなぁ)

セバスチャントとアラトリステの友情はよかった。
バカイニゴの借金を、せっかく貯めてきた貯金で払っちゃうんだよ。それで田舎に引っ込みたいって言ってたのに、結局、最後までアラトリステと戦場で戦って死んじゃうの。
男ってなんでそうなんだろうねぇ。
男は奥さんや恋人より、男友達のが大事ってネタは、西部劇でもよく見かけるけど、だから男は生まれながらにしてホモだなんて説が出るんだろうな。

マリアとアラトリステの描写も良かった。
特に最後のマリアとの逢瀬。
「お前と結婚しておけばよかった」ってアラトリステのセリフは、ドアホ! 死ね! と思いながら、本編唯一泣きそうになったシーンでした。

しかしアラトリステの義理の息子(?)イニゴ役のウナクス・ウガルデがですね。子役のナチョ・ペレスはえらいきれいな子なのに、立派なダメンズ面でして。笑
それが、私のイタリア人の友達と、日本人の友達をそれぞれ足して2で割ったような顔をしていて、おかしくて仕方なかった。

あと、やっぱりスペイン語とイタリア語って似てるね。ところどころ何を言ってるのか判ったので、私はこのままイタリア語を勉強すると、そのうちスペイン語ができるようになって、アメリカでやっていけるんじゃないかと思った。(素直に英語勉強しろ)←英語嫌い
ヴィゴ・モーテンセンのスペイン語は、なんとなく「英語を喋る人のラテン語」って感じがしました。
音が濁っているというか。もじゃっとするんだよね発音が。
イタリア語もスペイン語も、訛っちゃった日本語みたいな音だと思ってるので。ぽる・ふぁぼる。(・・)
(イタリア人に言わせると、スペイン語なんかイタリア語の方言なんだそうですよw でもスペイン語のが通じる国が多いじゃないか、こんちくしょうめが)

まぁ、淡々とというよりだらだらとした映画でしたけど、見所がないわけでもなく。
衣装とか見ていて楽しいかもですヨ。
FC2 Blog Ranking




[DVD] THE DARK KNIGHT

ネタバレを含むかもしれませんので、気になさる方、未見の方は、ご覧になりませんように。




「アラトリステ」を見に行くつもりだったのですが、日頃の超過勤務がたたり、へたれてしまったので「ダークナイト」鑑賞に切り替えました。
映画館で3度見ているのに、面白い。しかし、スクリーンで見たときの圧倒的パワーとは比べ物にならない。
これは映画館で見るべき、見なければならない映画だった。
「映画館で見るべき映画」と「DVDでも良い映画」の差は実際にどちらでも見て見ないことには、判断が付かない。
(「トゥー・ウィークス・ノーティス」とか「ベガスの恋に勝つルール」なんかはDVDでいいと見る前に判るけれども)
だから、なるべく映画館に足を通わせることにしているのだけれども。

DVDが初見で、この作品を「おもしろい」と思った方は、本当に惜しいことをした。
スクリーンでのダイナミックさ、スケール感はやはり家のテレビでは再現できないのだ。
もう一度、スクリーンで見たいなぁ。

tdk01.jpg
tdk04.jpg
tdk06.jpg
tdk07.jpg
tdk11.jpg
tdk13.jpg
tdk14.jpg
tdk15.jpg
tdk18.jpg
tdk20.jpg
tdk23.jpg
tdk24.jpg
tdk25.jpg
tdk26.jpg
tdk27.jpg
tdk28.jpg


FC2 Blog Ranking



[MOVIE] WALL・E
公式サイト


うーんとうーんと。
私はピクサーのアニメはよくできているなぁと思っておりましてですね。
お気に入りは「モンスターズ・インク」なんですけれども。
そのー、ゲーム業界でよく見られるリアル志向のCGではなく、デフォルメでうまいことやってるピクサーの判断もすごく評価してるんです。
ただ「Mr.インクレディブル」あたりから、ピクサーのアニメ、あんまり趣味じゃないかも…。
ウォーリーは可愛いし、良い事言ってるのもわかる。
全体的な構造もしっかりしてるのも良くわかります。
面白いんですけど。面白いんだけど、なんか物足りないんだよねぇ……。
本当にこれは、私の趣味、嗜好の問題であるんですけれども……。
なので、これを心底満喫できる人も、勿論いると思います。



ウォーリーの起動音が、マッキントッシュの起動音で最初「ウォーリーのOS、マックなんだ!w」とか思ってたんですけど、そういやピクサーの(というかディズニーの)役員でしたね。スティーブ・ジョブズは。
あ、逆か。この場合はスティーブ・ジョブズはアップルのCEOというべきですかね。

ウォーリーの世界たちの人間の状況説明を聞いたときに、手塚治虫の火の鳥だったかなんだったかを思い出しました。
そんなエピソードありませんでしたっけ。
なんか、案の定な人間どもでしたが、唯一の救いは心は腐ってなかったことですかね。
そうそう。今回、WALL・Eには『悪役』がでてこないんですよね。
『適役』は出てくるんですけど、でもこれは悪意があってやってるわけではないからなぁ。



楽しみにしてたんですが、ピリッとしない感想ですみません…;
FC2 Blog Ranking







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。