FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[MOVIE] アイアンマン
公式サイト

シナリオ展開的に、これが全米大ヒットって言うのがちょっとにわかには信じられなかった。
ヒットの理由はアイアンマン自体の人気なのかなんなのか判らないけど。
アイアンマンの原作は読んだことないんだけど、原作とは違う展開っぽいし……。原作の舞台がそもそもベトナム戦争なので、そりゃ今やアフガンかイラクなんでしょうけど。
この展開…。
これがアメリカ人に受け入れられているとしたら、日本の給油問題ってナニよ?
そこまで考えるのは飛躍しすぎ?
私がすごく気になったことは、ネタバレに密接に関わってしまってるので、隠しておきますが。
アメリカの正義が行方不明だ。いや、こういう映画が出てくるならまだマシなのかもしれない。

私が邦画がぜーんぜん好きになれないのは、社会性とか政治問題とか、国際社会っていうのがこれっぽっちも感じられないっていうのが理由のひとつにあります。
ちょっと話がずれますけど。
確か「ディパーテッド」がヒットしたときに、「アメリカ人は自国の映画しかみなさすぎ」って批判があったんですよ。
ご存知のように「ディパーテッド」って、「インファナル・アフェア」のリメイクなんですけど、それを知らない人が多かったらしい。
で、よくあるネタというか、ジョークのひとつに、アメリカ人はアメリカ以外の国がどこにあるのか知らない。ってあるじゃないですか。
日本がどこにあるのか、イラク、アフガニスタンがどこにあるのか判らない。
おいおい、自国が戦争してる国の大体の場所くらい把握してくださいって思いますよね。
それを聞くと、アメリカ人って国際的なの? ってすごく疑問に思う。
同時に、今、日本だと国際派な人間を育てるとかなんとか言ってるけれど、そもそも土壌的に育つ土壌なのかって、疑問を覚えてしまう。
洋画を見る人が少なくなって、邦画に人が集まってる。それってすなわち「日本人は自国の映画しかみなさすぎ」ってことになってません?
洋画って、てっとり早く、外国の常識とか、文化とか、そういうものに触れ合えるものなのに。
例えば、世界は世界史をどう教えているのかって気になりませんか?
特に第二次世界大戦。
日本は中国に侵略したことになっているのか否か。アメリカによる日本の核攻撃への評価。国際的にはどうなっているのか。
日本政府が子供たちに、どう教育したいのかどうかはしらない。でも、国際的な判断はすべてシャットアウトして、自国の主張だけを刷り込んで育てられた子供って、それって国際派なんだろうか。
アメリカの主張はこう。中国の主張はこれ。日本はこんな風に主張してますよ。って把握してて欲しいなぁ。国際人なら。それを踏まえて、本人がどんな考えを持つかは、本人次第だし。
中国で思い出しましたが、北京五輪。アレで、中国の応援団が云々って話が出てましたけど、バレーボールの大会(フジだかTBSだかがやってるヤツ)に関しては、人のこといえないよね。



…って話がそれすぎました。反省。



さて。映画自体に話を戻すと。
個人的によかったのは、恋愛要素がいまいちやる気がなかったことと、ギャグ要素が多かったこと。
個人的に残念だったのは、アイアンマン大暴れタイムが意外と短かったこと。
アイアンマン制作過程を丁寧にやりすぎたかな。
いや、面白かったけどね。
恋愛要素が少ないならグウィネスのエピソードぶったぎってもよかったのかなぁ、なんて思ったけど、せっかくのグウィネスだもんなぁ。



グウィネスの無駄遣い。
FC2 Blog Ranking



...read more
スポンサーサイト




[注目映画] レッドクリフ
公式サイト


『三国志』は大好きなんで、当然レッドクリフ(なんか「赤壁」も英語で言われると「クリフハンガー」みたいね…)も楽しみなわけですが。



諸葛孔明が金城武だってさ…。



…なんか驚いちゃった。
諸葛孔明ですよ。
なんか、トニー・リオン(周瑜)と交換したほうがまだなんか…。
孔明が金城武かあ…!
そうか…あれ、軍師顔だったんだ……。なんか姜維とかの方がまだ……。
いや、うーん……。。。



ちなみに私が好きな登場人物は、郭嘉と孫策と魏延なので、映画には出なさそうです。笑



この自由な世界で


アイアンマン


私がクマにキレた理由


トロピック・サンダー/史上最低の作戦


P.S.アイラブユー

「君は僕の人生そのものだったけど、僕は君の人生の一部に過ぎない」
っていう一言が、素晴らしいと思った。
事件を起こすキレ気味な若者には、この気持ちが判らないんじゃないかと思いましたよ。
ラブストーリーとしてより、この精神に共感する。


イーグル・アイ


ブーリン家の姉妹


マルタのやさしい刺繍


レッドクリフ



彼が二度愛したS

ダメそう…。苦笑


WALL・E/ウォーリー


今年の鑑賞数は40-50本くらいになりそうだなぁ。

[MOVIE] WANTED
公式サイト



って、リベリオンかよ!!!



と思ったシーンが用意されてて、うっかり爆笑するところだったんだぜ。
いやね、この映画について上司と話をしたときに「技術が発達して、大概のシーンなら取れるようになっちゃったから、これからはカットカットがアイディア勝負になってくるんだろうねぇ」という話をしまして。
どんだけCooOOOooOOooOLで、突拍子もないシーンを作れるかってところに注力するんだろうけど、そこだけに突出されてもねぇ。
なんて言ってたんですよ。
当然、この映画は面白シーン満載でストーリー的には……みたいな出来だと思ってました。
これがナメてました。



これ、面白い!!!



シナリオは王道と言えば王道なんですけど。いや、よくまとまってるし、見せ場もうまい。
ジェームズ・マカヴォイは演技がうまいね。ボンクラ役と、目覚めはじめから、キレるまで過程が良くわかる。
あとですね。

アンジェリーナ・ジョリー。

いやー、私、彼女を女優として「いいなぁ」と思ったことはないんですけど、こういう役ね!
キュートでもあり、セクシーでもあり、いや、素晴らしい。よかった。
彼女の存在の蹴りのつけ方も秀逸だったと思います。潔い!
ティムール・ベクマンベトフ監督はスターの使い方がスマートでいいなぁと思いました。
知らない人だったんですが、ロシアの監督さんなのね。
…そのワリに、ロシア人の扱いがアレでしたが。笑

モーガン・フリーマンは、「最高の人生の見つけ方」「ダークナイト」といい役ばっかりだったんで、ちょっと抵抗がありましたが。
サミュエル・L・ジャクソンと仕事の選び方が似ているようで、ちがうなぁ。なんでしょうね。笑

まぁ、メッセンジャー的役割の老人の扱い方とか、主人公の今後が良く判らないところが難ですし、「1を殺して1000を救う」って理論があまり好きではないんですが。
あとは文句なし。
これはDVD欲しい。

っていうか、予告編って誰が作るもんなの?
映画会社の宣伝部?
っていうか、予告編の監督は天才が多すぎる。
今のところ、私の中のアカデミー予告編賞TOPは「ハンニバル・ライジング」だけど「ウォンテッド」の予告編も、すごいと思いましたね。笑
なんて思わせぶりな予告編なんだまったくもうw



FC2 Blog Ranking
この映画のアンジェリーナ・ジョリーの扱いが好きだ!




[MOVIE] ハムナプトラ3
公式サイト



妖怪大戦争!

ミイラvsミイラ! ……いや、あれ、ミイラなのか?;(片方はスケルトンだよね)

というわけでうっかり夜中にミイラについて調べてしまって「古代エジプト文明においては、脳は鼻水を作る為だけの器官と考えられ」に思わず失笑…。

そして軽く、ミイラとゾンビを混同していることに気付くのだった。
…でも、アレ、ミイラか!?(しつこい)
まぁ、兵馬俑が動き出すってアイディアは面白いんですけどね。


ジェット・リーはなんであんな役を受けてしまったのだろうか。
ドラゴン変身シーンなんか出来が悪すぎて、何の冗談かと。というか、そのドラゴンが明らかに西洋竜だってば。
中国人が竜っつったら、ドラゴンボールに出てくるような長くて神聖な方じゃないの?;
ジェット・リーが悪役だからって、西洋型竜持ってくるのは、軽く失礼な気がしなくもないけど…、まぁいいや。。。


感動できそうなシーンは多いんだけど、感動できたシーンはあんまりない。
なんなんだろうなぁ。
「ここ感動するところなんだろうなぁ」とか思いながら見てしまいました。


万里の長城、兵馬俑、二千年前と明言しているのに、皇帝を始皇帝って言わなかったのはなんでだろう。万里の長城のほとんどは明代作成らしいけど、明だとせいぜい700年前だから、明らかに始皇帝だよね…。
なんで善と悪の戦い的な話になっちゃってんだろう。
ツイ・ユアン(ユアンだってさ!!! ←バカ)の呪いもまどろっこしいんだよねぇ。
あんな遠まわしに呪うんだったら、あの場で皇帝を呪殺してしまえばよかったのに。
大体、ヒステリー持ちの皇帝が「オレのオンナに手を出すな」って言ってんのに手を出したら、そりゃ死亡フラグも立つわい。
まぁ、ミン将軍カッコいいけどね。
皇帝もオンナに対しての執着があっさりしてる。
ヤン将軍と部下のオンナももうちょっと広げて欲しかったなぁ。なかなかストイックで萌えで燃え関係ですよ。アレは。多分。


あと、二組の親子の物語のワリには、片方淡白すぎるのも気になった。
なんか、そこの家族すんごい久し振りの再会なはずだよねぇ?; みたいな。
あの美少女に隠された謎も、そーんなに深刻じゃないっていうか。
寧ろ、彼女が死なないと皇帝が死にませんとか言われた方が、アイヤーだったんだけど。
「私の一族が見張ってました」って、キミの一族って誰よ。君とお母さんと…あとイエティ? みたいな。
全体的に突っ込みどころ満載なんですけど。まぁ、ギャグで作ってんだから、しょうがない。
エンタメ作品としては良く出来てると思います。
インディーおじさんよりかはイライラしなかったし。



そんなわけで、見に行ってきたんです。「ハムナプトラ3」
仕事で1000円ムダにしてしまった「ハムナプトラ3」
劇場で突然腹痛に見舞われて、呪われてるのかしらと思った「ハムナプトラ3」
まぁ、正直劇場で見なくてもよかった気がしなくもないけど、隣の席のおねえちゃんが、めちゃめちゃ爆笑してて面白かったので、よかったです。
夏休みの宿題を片付けた気分です。



さて、次はインディーに張り合って、舞台は南米ですか?
FC2 Blog Ranking





ハミルトン狂想曲
77104642.jpg
ルイスでーす!
フェルナンドでーす!

77950197.jpg
みなみはるおでございまーす。


さて。


F1をちょっと知ってる方なら、なんで今更このふたり?
みたいな印象を受けるのだろうけれど、うちは映画Blogのつもりなので、念の為説明します。
1枚目、左がルイス・ハミルトン。昨年デビューしたてのルーキー。現在、マクラーレン所属のイギリス出身ドライバー。
右はフェルナンド・アロンソ。世界チャンプに輝いた、現在、ルノー所属のスペイン出身ドライバー。
ふたりは昨シーズン、マクラーレンのチームメイトでしたが、現在はチームが分かれています。
そこらへんはちょっと、ごたごたがあったらしいかんじ。



73622957.jpg
昔は、こんなに仲がよかったんです。

73838157.jpg
ね。

73838814.jpg
ほら。

74137602.jpg
それが…

75272158.jpg
だんだん…

76607749.jpg
ナニこの一方通行。

76607749.jpg
目、笑ってないし!!!


という状況になりまして。
ふたりの確執は、ちょっと調べればすぐに判るので、興味がある人は、とりあえずWikiってみたり、Googleってみたりしてはいかがでしょうか。


で、お前はどっちの応援してるのよ、といわれたらば、チームとしては勝ち目のないBMWザウバーを応援しています。
ハミルトンとアロンソは別にどっちの応援もしてないし、どっちの応援もしているけど、今のところハミルトンに肩入れしているところが大きい。
それはアロンソに思うところがあるからじゃないです。
寧ろアロンソは、友人がちょーーーーーーファンだから、どうしたって応援する。

ただ、なんというか…。
ハミルトンとアロンソに対する、ネットの反応を見ていると、私、ドイツW杯のマテラッツィ騒動を思い出しちゃうんですよ。

日本はそんなにフランスが好きだったのかという、びっくりするようなジダン擁護。
ワイドショーも連日大騒ぎ。寄ってたかって、無名のマテ公をスターダムに押し上げちゃった、あの騒動を。

あの時もひどかった。マテラッツィが非人間みたいな発言のオンパレード。
読唇術なんて、お前NARUTOの読みすぎだよ。なんて術まで出てきちゃって。
もうあれだけで、無条件でマテ公応援したくなったのと、今の私の中の状況は似ているかんじ。

だって、デビューしたての新人なのに、いきなりヒール役になっちゃってるって、すごい不憫だと思っちゃうんですよ。
状況は当人しか判らず、当人だってどうしてこんなことになったのか判らないんじゃないかと思ったりして。

77397186.jpg
まぁ、ふたりが自分たちの状況をどう考えているかは知りませんが。
(ふたりの後ろのアイスマンが、スタンドみたいで怖い)

82498438.jpg
(↑一番最近の写真?)
私は、せめて彼らがいいライバル関係になってくれればいいなぁと思ってます。
誰かと誰かが敵対してるって、傍から見てれば楽しいかもしれない。
でも、職場の同僚とうまく言ってないって、自分の身に置き換えると、スケールが違うにしろ、それはあまりにも辛い。

結局、何を言いたいのか判らないエントリーですね。
えーと、つまり。アレだ。



F1が佳境なんだぜ。




※誰もが思うことなんでしょうが、ハミルトンって、オバマに似てますよね。
※ちなみにイタリア人レーサー:ヤルノ・トゥルリは、この間、バレンシーナ・ロッシ好きなイタリア人の友人に「トゥルリは好き?」と聞いたら「いらない」って言われてました。
 まぁ、確かに日本人だから中嶋一貴がすきかって聞かれたら、返答に困るけど。

Marracash
彼らもイタリアじゃ有名ならっぱーさんらしいです。(なんかすごいラップ好きみたいなってるね。笑)

Tutto questo



Badabum Cha Cha



Dritto al punto



La danza della Pioggia


[MOVIE] ハンコック
公式サイト



ヘンな映画だった。
ハリウッドのヒーロー物にしては痛快さにかけるというか…。


「嫌われ者」のスーパーヒーローっていうネタはすっごくいいと思う。
面白そうだ。


でも、調理方法を間違えたというか…。
湿度のない、カラッとしたエンターテイメントに仕上げればよかったのに、「スパイダーマン」やら「バッドマン・ビギンズ」っぽくなってしまったというか…。


うーん…。前にもこんな例えをしたことがある気がするけど、「新鮮な伊勢海老を、なんでグラタンにしちまうんだコノヤロー!」という気持ちになる映画。
ハンコックの素性なんか、判れば判るほどなんだそりゃ。だし、スーパーパワーの秘密は説明されればされるほど、矛盾してないですか? という気持ちになるし…。


なんかもう、勢いと笑いでどうにかしちまえばよかったのに。
ってかんじ。
ハンコックとレイの友情だけで、多分ご飯3杯いけるのに、そこに愛をムリにからめようとするからヘンになったんじゃないかなぁ。
シャーリーズ・セロンより、銀行強盗が起きてるときに現場の指揮をとってた警察官をもっと前面に出した方が面白くなったんじゃないかなぁとか…。
まぁ、シャーリーズ・セロンは美人なので、彼女の存在は正義。でもその役、微妙。
ハンコックはもっとレイに報いて欲しかったなぁ。
男の熱い友情のがしっくり来た気がします。
スーパーパワーのワリに敵もお粗末だし…。


ところで、ハンコックはなんで鷲が好きなの?
あのTシャツ欲しいなぁ。


インクレディブル・ハルクみたいにもっかい作ったりしないかな…。
FC2 Blog Ranking


イタリアはこうだ。日本はどうだ。
さて。もうしばらくFABRIさんにお付き合いいただきたいかと思う。
それも今日でおしまいにする予定なので、ガマンしていただければ幸いです。
どんな歌なのか、載せてみたけど、間違ってたらごめんちゃい。
FABRIさんのイタリア語の発音は聞き取りやすいんだけど、RAPなだけあって若者言葉らしくてですね。
いや、フツーにRAPが理解できるほど、イタリア語に造詣が深くないですだよ。

気を取り直して。

今日、紹介したいFABRIさんの曲は2曲。
1曲目は「Tu cosi bella, non ce l'hai(とぅ こじ べっら のん ちぇらい)」
「こんなイイものを、お前は持ってねぇだろ?」

写真とかオンナとか靴とか眼鏡とか服とかバイクとか車とかブレスレットとかパーティーとかイケてる場所とか、新聞に載った顔とか、こんなにイケてるもの、お前は持ってねぇだろ?


2曲目。「In Italia」

お前に言う者はなく、お前に与える者もない。
お前はウソだらけのこの国で生まれ、そして死ぬんだ。
イタリアのどこに逃げようってんだ?
おい、どこに逃げる?(逃げられやしねぇよ)

良くわかんないのですが。
イタリアによくきたな。イタリアでは海でバカンスを過ごすんだ。
でも、イタリアで仕事したり、病院になんかいくもんじゃねぇ。
オンナどもが道路にいるのがイタリアだし、仕事がみつかんねぇのがイタリアだ。
みたいなことを歌ってるらしいです。

これが、15歳、20歳くらいの若者に大人気。
ってところで、イタリアの若者がどれくらい将来に展望が描けないのかが良くわかる。
イタリアよ、お前もか。
と、嘆く我が恩師。

でも、こう言う歌が流行るだけ、まだイタリアはいいよなぁ。と思ってしまう。
「死ぬまでへいこら働かなきゃなんねぇのが判ってるのに、消費が低迷だってよ、わらっちまうよな。なんで金持ちのために金を使わなきゃなんねぇんだよ」
なんて歌を歌ってくれるアーティストがいるか知らないし、そういう歌が流行る気もしない in Giappone.