FC2ブログ
Bruce Willis's blues
ブルース・ウィリスや他ハリウッド俳優、カルチャトーレをウォッチするBlogです。


プロフィール

ipooh

Author:ipooh
イタリアとユアン・マクレガー、そしてブルース・ウィリスとバカ映画をこよなく愛しています。
コメント、TBは承認制に設定しております。ご迷惑お掛けしますがあらかじめご了承ください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[MOVIE] エリザベス:ゴールデンエイジ
公式サイト



ちょうど、ヘンリー8世の勉強をしたばっかりだったんで、中々タイムリー。
いやぁ。アレですね。



男は若い女が好きなんです。



っていうことがよく判りました。
しかしね。これは完全にイギリス視点で描かれてて、エリザベスかなり持ち上げられているんですけど、スペイン語ちょっと判っちゃったり、へたりあ読んでる身とすると。



親分、いじめんといて!;



という気分になりました。ラテン言語はなんというか、喧嘩に向いてない言語だよなぁ。
「さんぐえっ!」って言われただけで、噴き出すかと思った。
英語はやっぱり相手を言い負かす言語ですよ。笑
ラテン言語は脱力言語です。



しかし、アルマダ海戦時に、エリザベスって55歳だっけ?
ケイト・ウィンスレットは美人過ぎるからなぁ。でも、なんか、クライヴ・オーウェンにキイイィイイ! ってなるのは、苦しいかんじ。実際、寵愛を受けていたんだろうけど。なんだかねぇ。
……可哀相だよ。
史実はともかくとして「そこは女王に永遠の忠誠と愛を誓ってあげて!;」という。
ベスも、女王に可愛がってもらっておいて、なんだよ。という。
なんだかなぁ。



がんばれ、キャリア・ウーマン。



映画に難を言えば、エリザベスが有能な政治家だったって感じはしないんだよね。
ヒステリー起こしてるしさ。
勇気はある。後は……運、か?; っていうのが。
面白いんだよ。面白いんだけど、政治的駆け引きってのが、イマイチ感じられなかったのです。
フェリペ2世も、「異端者キィイイイィ!!!」で終わってるけど、ネーデルランド問題とかあったろうになぁ。。。という。
双方、論理的じゃないんだよね。
ちょいとそこら変、残念。


関係ないけど、エリザベスが亡くなった年、日本では江戸幕府が始まったんだよね。
イギリスが東インド会社がどーのこーのと言ってるときに、やっとこ江戸幕府かー。という。
なんつーか、がんばれ。



しかし、アレはズラだったですね。ショートヘアーのケイト、可愛かった。
FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト




[MOVIE] アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生
[追記]
すっかり書き忘れていましたが、映画中にムーア帝国女帝様が出たおかげで、一瞬ウィリスハゲさまも写ったような。
おかげで吹き出しそうになった。



公式サイト



知り合いに某新聞社のカメラマンがいるんですが、なんというか。彼らはすごいですよ。やっぱりプロとして社会にもまれた人間はすごい。
「写るんです」で撮ってるのにも関わらず、躍動感溢れる写真を提示してくる。
ツールじゃないんですよね。(いや、ツールの良し悪しもあると思うけどさ)
やっぱり腕なんですよ。
一体、何なんだろうと思います。
ただ被写体に対してシャッターを押すだけなのに、一体何の違いが?



「君の見ている世界を、そのまま写真には出来ないよ。人の視界は想像以上に広い。カメラでは狭すぎる」
なんて前述のカメラマンに言われたことがあったっけ。そんなことを思い出しました。
所謂、アーティストたちにとっては、世界がどう見えるのか。
私は浜田画伯(ダウンタウンの浜ちゃんね)並みの画力の持ち主で、ブルース・ウィリス、キーファ・サザーランドとユアンくん。ディヴィッド・ベッカムとショーン・ビーンが同じ顔に見える観察力の持ち主なので想像がつきません。笑



単純に、あぁ、これはすごいな。と思う写真や絵もあるけど、同時に正直この写真(絵)のどこがそんなに賞賛されているのか理解が出来ない。ということもフツーにある。
知識や感覚がおっついてないんですよね。
「こんな簡単なもの、誰にでも撮れるんじゃないの?」って思う。
でもさー。物事を簡単に見せることって、小難しく見せることよりよっぽど難しいんだよね。
サブプライムローン問題を、さも難しいことのように説明することより、小学生にわかるように説明するほうが、難しいってことと同じというべきか。
単純でシンプルな世界は、ウソを混ぜ難いこそ、その実力が問われるというべきか?



なんだろうね。不思議と飽きないドキュメンタリー映画でしたよ。よかった。


刑事プリオとジェイク・ギレンホールの写真が好きだなぁ。
FC2 Blog Ranking


バカヘイが「行き先、無制限」というので、対抗して(?)今日は私「行き先、針治療」でした。
えぇ、腰が痛いんです。
ジャンプジャンパージャンペスト!
散々バカにしてるけど、「クロサギ」よりかは成績上げてくださいよ。



しかし、コメントとTBは承認制と言っているのに、業者さんたら頑張るなぁ。




[MOVIE] アース
公式サイト



プラネットアースでした!!!



上映中に地鳴りのようないびきが響き渡っちゃって、大変な相乗効果でした。笑
それはともかくとして、これ、こどもに見せていいのかなぁ。
生命の真実は、つまり「食うか、食われるか」。
食うのも地獄なら、食われるのも地獄。で、やっぱり弱いもの、子供から狙われるからね。
私は、「どうぶつ奇想天外」とか「生き物地球紀行」とかをこどものころからよく見ていたので、まぁ慣れっこだったけれども。
どうだろうねぇ。



しかしまぁ、ホオジロザメの大ジャンプはすごかった。
「なんじゃそら!」というかんじ。
あの、歯茎がね。
サメの歯茎って、すごいよね。もう剥き出しになっちゃうの。
あー、ヤダヤダ。



これは「不都合な真実」とセットで見れば、効果倍だったんじゃない?
「不都合な真実」のがドキュメンタリーとしてはよく出来ていたし(ゴアの演説、うまいんだ、これが)、「アース」は予告編のが感動するなぁ。



マンダリンダックのひな可愛いな。あとポーラベアね。白くまユアン!
FC2 Blog Ranking



つかTOHOシネマズ、縄跳びジャンパーの予告、2度もやりやがった。イベントやるからってはしゃぎやがって、コンチクショウ。
あれだけアホのように宣伝売ってたら、バカでもヒットするわい。むしろこけたら、奇跡だ。笑ってやろう。
バカヘイの顔を見ない日がないじゃないか、気分悪いわー。



つかさー。(以下、縄跳び映画のあらすじを転載)



> 母が家を出て以来、人が変わってしまった父との生活にうんざりしていたデビッドは、ニューヨークへと向かい、その能力を利用して、銀行の金庫室から大金をせしめる。しかし、テレポートの能力を持つ“ジャンパー”を悪とみなし、彼らの抹殺を使命とする組織“パラディン”のローランドが、デビッドの存在に気付いていた……。



ってあたりまえじゃん! だって、犯罪者だもん!;
ジャンパーだ、ジャンパーじゃない以前に、他人の金を盗み、車を盗み、王の偉大さを現す神聖な存在であるスフィンクスの頭の上で、昼寝かますバカに、どう大義名分を与えるのか楽しみでしょうがないよ。
でもBGMはカッコいいと思う。




[MOVIE] 歓喜の歌
公式サイト



自然な演技が全く出てこない映画っていうのも、ナンだねぇ。アレですけど。(日本人的言い回し)
これは原作が落語だからそれっぽく演技しているのか、誰も演技できないだけなのか判らない。
というか、判らないという時点で、ダメなんすけど。
肩肘張ってないので、それはよかった。
ミッドナイトイーグルとか、そんな日本で作れないような映画なわけでもなく、日本人がワリとうまく作れるタイプの映画なんじゃないかと思う。
(そのワリに、そのシーンがどうして必要なのかわからない。っていうシーンが多かったり、説明不足の感は否めないし、キャラクターを出してるワリには、掘り下げも出来てないんだが……)



ダメ人間がダメはダメなりに、がんばってみた。まぁ、ダメなんだけど。ってかんじ。
小林薫のダメっぷりが愛しく思えるだろう人は、必見です。
私は突然出てきた立川談志と筒井道隆に半笑いになってしまった。
まつり縫いのくだりはおかしかったなぁ。
あと、その歌は歌わずにはいられないんですね。由紀さん、というのが。笑



しかしねー。なんだろう。普通に生活してて、絶対にやらないモーションとか、シチュエーションとかが多いんですよ。
そんなアクション、しないでしょう?; という。
邦画っていまいち、現実味にかけるような。。。(○空で、これから食事だというのに、グロスを塗るシーンがあるっていうのもそうだけどさ)
現実味がないワリに、ファンタジーに現実味を持たせるのも下手だし。
なんだかねぇ。
と言っていたら、父に「だから『母べぇ』を見ろと言ったのに!」といわれたので「だって興味ないもん!」と言い返したら、しこたま怒られた。
……ちっ。このサユリストめ。
あ、でも私の好きな邦画は『男はつらいよ』なんで、山田洋二監督は好きですけどね。



安田成美と由紀さおりは、なんというか違うなぁ。美人っていうんじゃないんだが、他を圧倒している。
FC2 Blog Ranking


あぁ、そうそう。スターオーシャンですが、生き別れの仲間と再会してしまいました。(ヒロイン嫌いなのでしたくなかった。笑)
しかし、仲間の羽が生えたキャラクターが、バトルの後に「戦いたくなかった。それが例え偽善であっても……」とか言ってるくせに、ガッツポーズかましてて、ヒジョーにイライラします。笑
このキャラクターの統制がとれてないのはいいのか。





[MOVIE] アメリカン・ギャングスター
公式サイト


リドリー・スコットはラッセル・クロウが好きなの?


長い。長いよ。
でも良かった。
しかし、今の私の腰にはつらい映画だ。笑


ラッセル兄さんと、デンゼル兄さんの対立構造っぽいんですけど、二人が殊更に感情をむき出しあって、不倶戴天の敵!
みたいなかんじじゃないのが意外だったんだけど、この映画が特にいいのはそこかなぁ、と。
淡々と、己のすべきことを互いがしているだけというのが。


ラッセル兄さんの特別チームはなんというか、ひとりの脱落者も出さなかったのは(現実はどうだったのか知らないけど)、奇跡だなぁ。


ラッセル兄さんの太り具合が気になる。笑
FC2 Blog Ranking


と。
とりあえず、マジメな話はここまでで。笑
以下は最近、あちらこちらで必死こいて宣伝している某ヘタレの主演映画の話なので、読み飛ばしてください。


あの、「君はアレですか。陸上ハードルの選手ですか?」というポスター。
あれ、顔がまんま『アナキン・スカイウォーカー』の顔なのね。
なーんだ、君、演技であぁ言う表情じゃないんだ。みたいな。
子役がヘタレになった瞬間、「うわ、ブサイクんなった!」だし。あの能力使ってて、人助けをしていたならまだしも、なんだか好き勝手に楽しんでるだけっぽいところを「ツケを返してもらうぞ!」と脅されて、『そりゃそうだ。返せ』みたいな予告編はいいんでしょうか。笑
おまけに彼女が危険だというのに、相方に「彼女が危ない!」
って、お前が何とかしろ、この脳なし!!!
(not 能なし。能力はある)


大体、あの捕獲器具? みたいなのが、縄跳びに見えて仕方ないんです。


渋面で二重飛び、そして奇跡の三重飛!
ヘイデン・クリステンセン主演・縄跳びジャンパー! だったら喜んで見るよ。


いいじゃん。ヘイデンなら飛べそうだから。
ユアンくんだったら「二重飛びで」と言ってるのにフツーに飛ぼうとして、なおかつ失敗しそうだし。


つか、ヘイデンファンサイトでもあるまいし、こんなに縄跳び映画の宣伝してるBlogも珍しいと思うんだ。

バットマン:ダークナイトオフィシャルサイト
ヒース・レジャー追悼ページ